2020年11月13日

しなやかな血管がいいな♪


血圧が高くなるということは、
血管の柔軟性が失われてきたサインあせあせ(飛び散る汗)

これに対して降圧剤を使うということは
老朽化して硬くなったゴムホースがひび割れないように
蛇口を締め気味にするようなものなのですが、
出来ればホースそのものの柔軟性を取り戻して
蛇口は締めずにいたいですよね(@_@;)

だから大事なのは薬で血圧を下げることではなくて
日頃からおこなう適度な運動や生活の改善により、
血管の柔軟性を少しでも取り戻すことです左斜め下

【「高いと危険」ではない? 
 血圧、コレステロール、血糖値“正常値信仰”のワナ】


「降圧剤を飲んで血圧を20以上も下げると、
10程度に下げたケースと比較して、
死亡率が1.5倍になるという製薬会社のデータがあります。
薬で無理やり血流を抑えるので、
脳梗塞(こうそく)が増えるのです」

血圧が上がって一番心配なのは脳内出血だが、
1960年ごろからその数は一貫して減っている。
栄養状態がよくなり、血管が丈夫になったことが考えられる。
もちろん血圧が高すぎる人は治療が必要だが、
薬によって脳梗塞が増えているのであれば本末転倒だ。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
コレステロールや血糖値についても説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



まずは出来るだけ座る時間を減らす為に
テレビを見る時には足踏みをしてみたり、
パソコンも高い位置に置いて立ったままで
おこなえるようにしたりするなどして
座らない生活を心掛けるのが大事ですが、
無理のないレベルで。

運動は特に下半身を中心に動かしたいので
家の中で踵を上げ下げを繰り返したり、
足踏みやスキップ、スクワットなどもおすすめ。

年齢や体力にあわせて歩いたり走ったり、
さまざまな動きを取り入れたいですよねグッド(上向き矢印)

それから全身の柔軟性を維持する為の
ストレッチや体操をこまめにおこない、
休息の為のゆとりのある入浴時間と
十分な睡眠時間の確保も大切眠い(睡眠)

食事も過剰な塩分を避けるだけでなく、
タンパク質が豊富な肉や魚、大豆などの豆類を
積極的に摂るのも忘れずにexclamation×2
ただし加工肉や脂肪分は避けるべき。

そして野菜や果物もシッカリ食べて
ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂り、
腸内環境も良くしておきたいですよね(^^♪

出来るだけ薬に頼らないで、
健康を維持できるように
頑張りましょうひらめき




秦野市で産後の骨盤矯正するなら
秦野カイロ治療院







posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。