2020年10月20日

運動は身体の声を聞きながら


運動を定期的に続ける努力は大事だけれど、
体調を崩した時は運動習慣を継続させる為に
無理してでも運動するべきか?しないべきか?
悩んでしまう時がありますよね(@_@;)左斜め下

【体調があまり良くない…運動していいか
 休むべきかを見分ける簡単な質問】


一般的な経験則として、体調が悪いときは
「症状が首から上に出ているか、首から下に出ているか」
をチェックし、自分に問うてみましょう。

咳、鼻水、のどの痛み、鼻づまりなど、
首から上に症状が出ているなら、運動しても大丈夫です。

こうした症状は、深刻な病状を示すものではなく、
アレルギーや軽い風邪が原因であることが多いからです。
ですから、運動したいと思ったらしても構いません。

一方、発熱、疲労感、身体の痛みなど、
首から下に症状が出ている場合は、
1日休むのがベストです。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
不調時の運動の注意点も説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



最終的な判断は自分で下すしかないので
首から下に症状が出た時はNGというのは
判りやすくて助かりますよね。

健康を維持する為に始めた運動を
毎日地道な努力を続けて習慣化させるのは
とても大変なことなので、

習慣化した運動を続けたいのはわかりますが
無理をしすぎて健康状態を悪化させては
本末転倒なので見極めはとても大切。

健康を維持できるように
休む時はシッカリ休むように
心掛けましょうひらめき




むち打ち、寝違いなどの
首や背中の痛みを解消におすすめ
骨盤矯正の秦野カイロプラクティック








ラベル:運動
posted by 秦野の整体師 at 23:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。