2020年10月13日

ウエストを引き締めよう


先日と同じような内容ですが、
やはり身体全体が太っていることよりも、
お腹周りが太っていることが問題のようです左斜め下

【体型と健康との関係…「細いから安心」ではない?
 海外研究からわかったこと】


分析によってわかったのは、単純に太いからダメ、
細いからよいという問題でもないということです。

体型の数字を見ると、太いとよくないのは、ウエストです。

たとえば、ウエストは10cm増えると
11%死亡リスクが上昇するという関係です。

逆に、ヒップ周囲と太もも周囲はサイズが上がるほど、
死亡リスクは低下する結果になりました。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
分析の結果について丁寧に説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



全身にまんべんなく脂肪がついているタイプの
肥満体形でもウエストの脂肪が比較的少なければ
死亡リスクは急上昇しないけれど、

足が細い割にウエストだけ太いような方は
死亡リスクがグンと上がるので要注意exclamation×2
つまりビール腹はNGたらーっ(汗)

40代以降の方は食事は制限せずに、
出来るだけシッカリ運動をすることで
ウエストを引き締めたいですよねグッド(上向き矢印)

普段おこなっている体操やストレッチなども
体幹を使うように意識してみると、
効果がまったく違ってくるのでおすすめ。

それが難しかったり、
ハードルが高く感じるようなら
お腹をへこますように意識するだけでも
トレーニングになるので、生活の中で
何度もチャレンジしてみるのが良いかと。

無理せず自分なりのやり方で、
ゆっくりでも良いので運動をして
お腹周りを引き締めるように頑張りましょうひらめき






姿勢の歪みを整えて猫背を解消
骨盤矯正の秦野カイロプラクティック








posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。