2020年10月08日

塗り薬よりも塗り菌!?


以前、健康な人の便に含まれている腸内細菌を
潰瘍性大腸炎の患者に移植することで腸内細菌の
バランスやを整える治療法のニュースを見ましたが、

今回は健康な方の皮膚の常在菌を移植して
アトピー性皮膚炎の治療をおこなう方法です左斜め下

【皮膚常在菌の移植で
 小児アトピー性皮膚炎が改善する可能性、
 米国立アレルギー感染症研究所研究報告】


今回の臨床試験は、3〜16歳の
アトピー性皮膚炎小児患者20人を対象に実施された。
Myles氏らは、健康な人の肌から、皮膚に常在する
Roseomonas mucosa(R. mucosa)と呼ばれる
グラム陰性桿菌を単離して培養し、
砂糖水と混ぜた溶液を治療に用いた。

この溶液を、はじめの3カ月間は週に2回、
最後の1カ月間は1日おきに、
4カ月にわたって局所に塗布した。

過去の研究では、健康な皮膚から採取した
R. mucosaの移植によってマウスのアトピー性皮膚炎が
改善したことが報告されている。

その結果、4カ月後までに20人中17人で
皮疹や痒みが50%以上緩和し、
重い副作用は生じなかった。

治療効果は、肘や膝の内側、胴部や頸部も含め、
溶液を塗布した全ての部位で確認された。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
研究の詳細について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



もし、特定の常在菌を塗るだけで
アトピー性皮膚炎の治療できるならば
世界中の人が喜ぶスゴ〜い大発見exclamation×2

今後、より有効にアトピー性皮膚炎の治療に
有効な菌が他にも見つかって、培養されていけば
アトピーに悩まされる人は激減するはずグッド(上向き矢印)

人種によっても違いはあるだろうから、
すぐには見つからないかも知れないけど
それでもR. mucosaが既にあるのだから、
明るい未来がすぐそこに見えますよねぴかぴか(新しい)

早く当たり前の治療法になりますようにひらめき





巻き肩、猫背、ストレートネックを解消
姿勢改善なら骨盤矯正の秦野カイロプラクティック









posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。