2020年08月26日

無理せずヤル気を維持しよう


筋トレをする時に限界まで自分を追い込んで
筋肉痛にならないと不安になる方がいますが、
負荷を強くしすぎると関節を痛める原因にもなり
結果的に遠回りになってしまうかも。

なので特に初心者は体力向上へ向けて
筋トレを持続的におこなう為には
身体を痛めない程度で止めるべきですよね左斜め下

【「筋トレは筋肉痛にならないと意味がない」は本当?】

スポーツで上達するためには、
段階を踏んだプログラムがあります。

その中には、激しいワークアウトと
そうではないものが混ざっていることに
気がつくはずです。

きついワークアウトがメインではありません。

たとえばランニングなら、
ランナーは全距離を全速力で走るのではなく、
大部分はゆっくり楽なペースで走っているでしょう。

そして、その間におそらく
きつい走り込みが含まれているはず。
全速力で走ることがすべてではないのです。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



筋トレの適正な負荷というのは
個人の体力によって違うので
判断が難しいところですが、

筋トレ初心者は3日に1度くらいのペースで
腕立て、腹筋、背筋などの自重トレーニングを
限界の8割程度の回数から始めれば良いかと。

筋トレを続けて体力を向上させる為に大事なのは
強すぎる負荷による筋肉痛や関節痛、疲労などで
ヤル気が折れてしまわないこと。

筋肉痛が出ないような筋トレでも
適度な負荷が掛かっていれば効果はあるので、
ヤル気を失わずに続けておこなうべき。
頑張りましょうひらめき




巻き肩、猫背、ストレートネックを解消
姿勢改善なら骨盤矯正の秦野カイロプラクティック




ラベル:筋肉 運動
posted by 秦野の整体師 at 22:12| 神奈川 ☀| Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。