2020年07月06日

テレワークに負けない為の工夫が必要


最近、長時間のテレワークによる座り過ぎが原因で
首や腰の痛みを訴える患者さんが急増しています左斜め下

【椅子なしでテレワーク!
 脱「座りっぱなし」で姿勢と健康を取り戻す】


「座りっぱなし」の時間が長くなると
生活習慣病のリスクが高まるだけではなく、
体にもさまざまな変化が見られるようになります。

《動かないことによるもの》

・下肢の機能が低下する
・股関節が硬くなる
・体重増加
・腰痛、膝痛 など

《姿勢が崩れることによるもの》

・頸部痛、手首痛
・肩周辺部や胸部の柔軟性低下
・呼吸効率の低下
・ブレインフォグ(頭にモヤがかかったような状態)
・足を組むことなどによる下肢長の左右差 など


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
座りっぱなしのテレワークでも健康を維持する
3つの対策なども紹介されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。


とにかく背中を丸めた状態で画面を覗くように
顔が前に出てしまう方が多いので要注意あせあせ(飛び散る汗)

まず良い姿勢を保つ為に一番大事なのは
座っている時に膝と股関節の角度が90度、
もしくは同じ高さに保てるような高さの
自分の身長にあった椅子を使うこと。

それから座る時に良い姿勢を意識することは
大切だけれど、その為に無理をしすぎないこと。

ずっと良い姿勢で座り続けることは不可能だし、
どんなに良い姿勢でも長時間動きがなければ
健康的な状態とはいえません。

人間の生活には動きが必須。

良い姿勢で座るのに疲れた時というのは
立ち上がって身体を動かすべきタイミングの
自分の身体からのお知らせだと考えて
無理せずに動くべきexclamation×2

仕事で座り、食事で座り、運転で座り、
テレビやスマホを見ながら座り続けるのは
どう考えても無理がある生活なので
立ち上がって動くのが一番るんるん

日頃から頻繁に立ち上がって、
適度な運動で身体を動かすように心掛け
座り過ぎに負けないように頑張りましょうひらめき





猫背解消、ストレートネック、
首の痛み解消、姿勢改善するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院






posted by 秦野の整体師 at 23:58| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。