2020年05月17日

20分間耐え抜こう!


自分もスーパーやコンビニで買い物していると
たまに“何か”をとても食べたくなってしまい、
感情を抑え込むのに苦労することがありますが、
思いだすと家に帰る頃には落ち着いているので
20分程度の葛藤だったかも(@_@;)左斜め下

 【おうち時間のお悩み解消!】
 突然のドカ食い衝動…どうやって抑えればいいの!?


「ドカ食いをしてしまうという人は、
“食べる衝動を抑えられない”ということ。
そんな人におすすめしたいのが
『20分、ガマンすること』です。

私たちの体は、自律神経の“交感神経”と
“副交感神経”が交互に入れ替わりながら生活しています。

交感神経は活発な動作の源になる神経で、
興奮状態の時にはこの交感神経の働きが高まります。

例えばイライラしたり、ドキドキしたり、
『食べたい、欲しい』などの強い感情が働くときも
交感神経が優位に立っているとき。

でも交感神経は20分以上は継続せず、
副交感神経に切り替わるんです。

副交感神経はリラックスしているときに
高まる神経なので、それまで『何か食べたい!』と
強く思っていた気持ちを静めてくれます。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
ストレス発散法について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



ジャンクフードを食べたい!とか
アイスクリームを食べたい!という感覚は
誰にでも覚えがあるとは思いますが、

欲望を抑えきれないくらいに食べたくて
夜中にドカ食いしてしまったりするのはNGバッド(下向き矢印)

出来ればドンドン膨らむ欲望を
適度なレベルで制御して感情に流されずに
適量で満足出来るようにしたいですよねあせあせ(飛び散る汗)

だから一瞬でも食べたいと思う感情に
ブレーキをかけることに成功したなら、
何とかして20分間持続させて
心の落ち着きを取り戻したいもの。

一度、感情を抑え込むことに成功したなら
それが自信につながり、2回目からは
比較的楽にコントロール出来るはず。

欲望に流されて後悔しないように、
冷静さを失い感情に流されそうな時は、

自分の心を客観的に眺めるように意識して
「本当に必要かどうか?」ということを
20分の間、自問自答し続けてから
結果を出すように心掛けましょうひらめき




巻き肩、猫背、ストレートネックを解消
姿勢改善なら骨盤矯正の秦野カイロプラクティック




posted by 秦野の整体師 at 23:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。