2020年03月31日

まずは格好良く歩いてみよう!


最近、痩せているのに姿勢不良と筋力不足で
二重あごになってしまっている方が多いように思います左斜め下

【二重あごの原因は肥満だけではない?!
 知っておくべき原因と解消法とは】


二重あごの原因として一般的には、
「肥満だから」「顔の脂肪が多いから」など
諦めてる人も多いと思います。

でも単純にそういうわけとは限りません!

二重あごになる原因は、

●首や顔の筋力の低下
●老廃物がたまっている
●姿勢が悪い

などの原因があります。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
二重あご解消エクササイズも説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



とにかく顔が前に出過ぎている方が多く、
女性の場合は反り腰で肩甲骨辺りが丸まり過ぎて
顔が前に出過ぎているタイプが多くみられるし、

男性の場合は腰も背中も丸まり過ぎで
顔が前に出過ぎているタイプが大半(ーー;)

年配の方の場合、身体が硬くなり姿勢不良のままなので、
施術をおこなうと良好な姿勢を比較的維持しやすいのですが、

身体が比較的柔軟で姿勢不良な方の場合、
姿勢を維持する為の筋力が不足しているので、
姿勢を良くする為には施術だけではなく

丸まった背中を伸ばす為の体幹の筋肉と
頭をしっかり支える為の背中や首回り筋肉の
トレーニングが必須exclamation

ただし、エクササイズは誰もが結果が出るまで
続けられるものではないので、
はじめの一歩を踏み出す「何か」が必要。

個人的には「良い姿勢を維持することで
他人に格好を良く見せる」ことから始めるのが
手軽でモチベーションを保ちやすいかと。

骨盤や肩甲骨を立てて、顎を引いた状態を
維持し続けるのは疲れるのですが、
何故疲れるかというと筋力を使っているから。

立ったり座ったりの姿勢を人間が維持する場合、
骨格と筋力の両方を使いますが、

一般的に悪い姿勢というのは筋力をあまり使わず
骨格に頼り過ぎの状態なのであまり疲れないけれど、
骨格に負担をかけ過ぎるので腰痛などの原因になりやすく、

逆にピシッとしたとても良い姿勢というのは
骨格よりも筋力に負担を多くかけている状態なので
長時間の維持が難しくすぐに疲れるのが特徴。

ですから中間のやや良い姿勢を目指すのですが、
それでも長期間の不良姿勢により、
姿勢維持の為の筋力をあまり使わない状態が
長く続くと筋力が落ちすぎてしまい、
やや良い姿勢程度でもすぐに疲れてしまいますバッド(下向き矢印)

だから筋力を回復する為のトレーニングが
必要なのだけれどキツイと気持ちが続かないので、
まずは他人の目を意識して人前で良い姿勢を維持する
ということから始めるのが良いかと。

街中で人とすれ違う時にチョッとの時間だけ
良い姿勢で格好を付けて歩くだけでも
立派なトレーニングになるので、
少しずつ意識して続けるのが良いかと。

最初はチョッとの時間しか持たなくても
だんだんと長くできるようになれば
筋肉が少しずつ鍛えられている証拠グッド(上向き矢印)
頑張りましょうひらめき



姿勢の歪みを整えて猫背を解消
骨盤矯正の秦野カイロプラクティック





ラベル:姿勢 筋肉
posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。