2019年03月10日

乾電池の装填はキチンと正しく!


危険性をあまり感じない乾電池ですが、
逆装填やバネが曲がった状態で装填されていると
発熱、液漏れ、破裂などの事故を起こしやすいので
乾電池は向きを間違えずバネに歪みがでないように
キチンと正しく装填するのが肝心です左斜め下

【懐中電灯やラジオの点検時は要注意!
 電池の事故あいつぐ 330件(動画)】


アルカリ乾電池の内部では通常、
+極と−極が分離されており、
両極の端子は絶縁されている。

しかし、保管状態によって外装ラベルや
−端子付近の絶縁リングに傷があると、
電池ボックスのバネなどを通して、
+と−が直接つながりショートする場合がある。

また、複数の電池を使う場合、
+と−を逆に装填してしまうと、
想定外の化学反応が起こって
内部でガスが発生して圧力が上昇し、
ガスとともに電解液が漏れ出すこともある。

漏れ出した液は、アルカリ電池の場合、
触ったり、目に入ったりすると、
皮膚障害や失明の危険があるほか、
家具や家電に付着すれば、
損傷するおそれもあるという。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
写真や動画で事故の原因が説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



イザという時の為に普段あまり使わない
懐中電灯や携帯ラジオを非常用リュックに
入れてある方も多いと思いますが、
電池の向きや装填の仕方が悪いと逆に
事故の原因となってしまうので要注意exclamation

乾電池を保存する時も+と−が直接つながって
ショートしてしまわないように要注意exclamation×2

それから複数の電池を装填する時は
同じ銘柄を使用して古い電池と新しい電池は
混同せずに使うべきだそうです。

イザという時に大活躍してもらう為にも
乾電池の保存と装填は正しくおこなうように
気をつけましょうひらめき




猫背を解消、姿勢改善するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院








posted by 秦野の整体師 at 22:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。