2019年01月31日

やっぱり腸内細菌に操られている?


脳と腸内細菌は自分が想像しているよりも
深〜く関係しているようです左斜め下

【腸内細菌で認知症リスク減!
 「バクテロイデス」3割超で発症10分の1に】


チームは、長寿研のもの忘れ外来を受診した
高齢者128人について、
認知機能の検査とともに検便を実施。
便から腸内細菌のDNAを取り出して分析し、
認知症との関連を調べた。

その結果、認知症の人は、そうでない人と比べ
「バクテロイデス」という種類の細菌が少ないことが判明。

バクテロイデスが腸内細菌の3割超を占めるグループは、
認知症を発症していない人が多く、
リスクは10分の1と見積もられた。
一方で種類の分からない細菌が多い人は
リスクが18・5倍に上った。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
腸内細菌について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



そういえば以前「腸内細菌に操られているかも!?」
という記事を書いた時に紹介した研究では、
バクテロイデス属の細菌が多く分布していた人達は
ネガティブな画像を見せられても、ネガティブな感情を
味わうことが少なかったという結果だったけれど、
今回の研究結果とも関連しているのかな?

このまま順調に腸内細菌の研究が進んで、
性格や行動、精神状態との関連が判明したら
腸内細菌の種類や比率を操作すれば、
さまざまな精神疾患などが治療できるようになるかもexclamation&question

そしたら手術とも投薬とも違う
アプローチが増える訳だから、
治る病気もグッと増えるはず。

早く腸内細菌の謎が解けて
新しい治療法が開発されますようにひらめき




姿勢を改善して腰痛解消
首や背中、腰の痛みなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院






ラベル:腸内細菌
posted by 秦野の整体師 at 23:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。