2019年01月23日

耳の為にも過労や寝不足には要注意


難聴というと最近は突発性難聴が
なにかと話題になることが多いですが、
低い音だけが聞こえないタイプの
低音障害型感音難聴も増えているそうです左斜め下

【男性の声だけが聞こえない!
 女性に起こりやすい「低音障害型感音難聴」とは?】


低音障害型感音難聴は急に起こる難聴の一つで、
アメリカやカナダでは約3000人の患者が確認されている。
20代から40代の女性に発症することが多いという。

その症状は、低い音が急に聞こえにくくなったり、
低い音の耳鳴りがしたり、耳が詰まった感覚がするというものだ。

この難聴は、耳の中にある蝸牛
(かぎゅう:内耳にあり聴覚を司る感覚器官)に
障害が起こると発症する。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
発症した方の例も書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



疲労やストレス、睡眠不足などが引き金になり、
耳の奥の方にある蝸牛にリンパ液が過剰に
増えてしまうのが原因だと考えられていて、
適切な治療を受ければ聴力は元に戻りやすいが、
再発しやすいのも特徴なんだとかあせあせ(飛び散る汗)

予防としては過剰な労働や睡眠不足に気をつけて
規則正しい生活やストレス解消を心掛けるのが大切。

耳が聞こえにくいと感じたら
高音や低音に関係なく、
早めに耳鼻咽喉科を受診するべきですね。

現代はPCやスマホの登場で
10年、20年という短い期間で
生活パターンが変化してしまい、
ついて行くのも大変ですが(@_@;)

健康を守る為にも、
PCやスマホに振り回されず、
自分の身体の声を聴くようにして
疲労やストレスを溜め過ぎないように
気をつけましょうひらめき




猫背解消、姿勢改善するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院






ラベル:難聴
posted by 秦野の整体師 at 23:26| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。