2018年12月23日

熱湯を頭上から降ろすのは大変


直接火が出るガスコンロに比べて、
電子レンジは火もなく、ガスも使わず、
扉を閉めなければ使用できないので、
比較的安全な調理器具ですが、
中にあるのは加熱された食品なので
小さな子供が一人で使うのは要注意です左斜め下

【インスタント食品、子供が電子レンジ使用時の火傷多発
 …非対応の容器加熱は極めて危険】


熱湯が原因の火傷で緊急搬送された子どものうち、
10人中2人が電子レンジで加熱するタイプの
インスタント食品類(スープや麺など)で
熱傷を負っていたのだ。

報告したのは、米エモリー大学小児救急医学の
コートニー・アレン氏らの研究陣だ。
「全米傷害調査電子システム」の
データ(2006〜16年)に基づき、
4〜12歳対象の熱傷発生件数から導いた。
こうした即席食品関連の小児熱傷数は、
年間9500件を超えていた。

熱傷患児の平均年齢は7歳。その数値を前に
「インスタント食品の熱湯で火傷を負った子どもには、
この年齢層を診る機会が多いのは確か」と証言するのは、
米スタテン・アイランド大学病院熱傷センターの
マイケル・クーパー氏だ。

部位は「体幹」が最多の約4割。この結果も
「私自身の日常診療の経験値を反映している」と、
クーパー氏はコメントしている。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
即席麺関連の火傷の事情も説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



大人にとっては使いやすい高さに
おいてあることが多い電子レンジですが、
子供からするとかなりの高さで、
扉を開けて中から食品を取り出す際に
ひっくり返して胸やお腹を火傷してしまうのは
想像しやすいパターンですよねあせあせ(飛び散る汗)

あと子供にとっては耐熱のラップと
そうでないビニールの違いも分りにくいモノ。

ビニールで包まれた食品が電子レンジの中で
ドロドロに溶けたとか異臭でビックリしたという話は
よく耳にしますし、自分の息子も過去にやりました(ーー;)

だから電子レンジや電気ポッドなどの製品は
使用感の安全性にごまかされずに、
扱っている食品は熱くて危険な物だという
認識を忘れないように子供に伝えるのと、

身長が低い小さな子供が使用する場合には
親が注意してそばで見守ることが必要exclamation×2

子供が火傷のリスクを十分に理解して
調理器具を安全に使えるように
頑張りましょうひらめき



ぎっくり腰の痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院







posted by 秦野の整体師 at 23:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。