2018年02月14日

自分の耳は自分で守ろう


映画を観るのはとても好きなんだけれど、
以前から自分にとって映画館の音は
大音量過ぎると感じていたのですが、
耳栓をすれば良いという簡単な解決法をみて
目から鱗が落ちる思いです(笑)左斜め下

【大音量の映画やコンサートでは
 耳栓を使ったほうがいい】


映画やコンサートで音量が大きすぎると
感じることはありませんか。
そんなとき、耳栓をするのは気難しい
年寄りのすることだと思うかもしれませんが、
年をとってからもしっかり聴力を維持していたいなら、
今のうちから耳を保護しましょう。

大音量はなるべく耳に直接入ってこないようにすべきです。
American Speech-Language-Hearing Associationによれば、
70デシベル以下の音ならどれだけ聞いていても
耳に害はありません。

70デシベルとは、グループでにぎやかに
会話しているときの音量と同じレベルです。
職場で毎日8時間ぐらい耳にするなら
安全な音量の上限は85デシベル。
一方、2時間の映画なら恒常的に聞いていて
害がない上限は91デシベルです。

アクション映画の場合は、音量が
耳に危険なゾーンに達することがありますが、
映画の途中でたまに100デシベルになることがあっても、
全体的にはそれより小さな音量が続いているなら
聴力に害は及ばないでしょう。

コンサートの場合は、物によりますが、
多くは聴力にダメージを与えるレベルの
音量で行なわれています。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
さまざまな記事が掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



皆が普通に鑑賞しているのに、
うるさく感じてしまうのは
自分の過剰反応かと思っていましたが、
考えてみたら別に異常なコトではありませんよね。

耳栓はキツさを調整すれば、
自分好みの音量にある程度調整できるし、
感受性は人それぞれなので、これからは
より映画を楽しむ為に耳栓をして鑑賞しようかと。

普段から聴く音楽やTVの音量にも気を付けて
耳を大事にして聴力を出来るだけ長く
維持できるように頑張りましょうひらめき





姿勢を改善して腰痛解消
首や背中、腰の痛みなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院






posted by 秦野の整体師 at 23:22| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。