2017年12月17日

首元は暖かくしよう


かなり本格的に寒くなってきましたが、
外出時に首や腰を冷やしてしまうと
寒さによる緊張で疲労も溜まりやすく、
寝違えやギックリ腰にもなりやすいですよね左斜め下

【「温活」のポイントはココ! 首を温め上手にリラックス】

首の皮膚の表面近くに太い動脈があったり、
副交感神経のセンサーがあるため、首をあたためることで、
効率的に副交感神経のはたらきをあげると、
血のめぐりがよくなり、冷えや疲れもやわらぐ。

また、首は心地よさを感じやすいポイントが
集中しているといわれることから、
首部分をあたためることで、リラックスを感じ、
全身の疲労感の解消にもつながります


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
冷えと自律神経の関係についても書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



年末は何故か忙しくて外出する機会も多く、
温かい建物から寒い屋外へと出たり
入ったりするのを繰り返していると、
自分でも気が付かない内に身体が冷えるコトもあせあせ(飛び散る汗)

そんな時に温かい上着による温度調整だけでなく、
ストールやマフラー、ネックウォーマー等で
首元の微妙な温度調整も加えておくと、
身体の負担も少なくて済みますよねるんるん

寒さを我慢する前に
我慢しないで済むように
シッカリ防寒対策をして出かけるように
気を付けましょうひらめき



むち打ち、寝違え、頸椎ヘルニア、
首の痛みの解消なら秦野カイロ治療院






ラベル:温活
posted by 秦野の整体師 at 23:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。