2016年12月20日

70歳以上の男性の平均歩数は5,436歩


食事や排泄、移動、入浴、身なりを整えるなどの、
日常生活を営む上で不可欠な基本的行動を「日常生活動作」
ADL(Activities of Daily Living)といいますが、

このADL(日常生活動作)を最低限、
おこなえるだけの体力を維持する為には、
1日に少なくとも900歩は歩く必要があるそうデス左斜め下

【自力での生活には、1日最低900歩を】

今回、研究の対象となったのは、北イスラエルの
大学病院の内科病棟に入院した、65歳以上の患者177人。

最長で3日間、足首に加速度計を装着し、1日の歩数を算出。
また、認知機能やADL、安静時以外の
全ての活動量(身体活動量)を測定した。

そして、ADLを表すスコア
(100点満点で、点数が低いほど介助が必要)が
退院時に5点以上低下している場合を、
入院に関連した機能低下と定めた。

測定の結果、1日の歩数は0〜8,111歩と幅が大きかった。
1日の歩数が900歩未満の人は74人(41.8%)、
900歩以上の人は103人(58.2%)。
平均年齢はそれぞれ77.2歳と74.1歳だった。

入院に関連した機能低下が見られたのは、
1日の歩数が900歩未満の群で55.4%(57例)だったのに対して、
900歩以上群ではわずか18.4%(14例)だった。

1日の歩数が900歩未満の場合、入院に関連して
機能が低下するリスクが、900歩以上の場合と比べて4.7倍高かった。


とのコト。

ADL(日常生活動作)というのは、
介護が必要かどうかの判断基準となりますが、
服を着たり、食事をしたり、トイレに行ったり、
お風呂に入る等は、通常は無意識におこなえる動作なので、

出来るのか?出来ないのか?という違いはもちろん、
当たり前のように出来るのか?
頑張れば出来るのか?の違いも重要なポイント。

だから「自分のコトは自分でやる」を維持する為には、
年齢や体力にもよりますが、40〜70代であれば、
毎日、確実に最低でも9000歩は歩きたい所あせあせ(飛び散る汗)

80代以上の方であっても、運動不足にならないように
買い物や散歩などで、積極的に外出するコトが必須exclamation×2

雨が降っても室内でラジオ体操などをして
身体を錆びつかせないように頑張りましょうひらめき



寝違えやムチウチによる
首の痛みを解消するならお任せ下さい!




posted by 秦野の整体師 at 21:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。