2016年12月18日

身体の中から温まりたい!


寒い時に食べたいなぁ〜と思い浮かべるモノは、
大抵、温め食材であることが多いデスよね左斜め下

【冬に食べたい!ぽかぽか美人になれる「温め食材」の見分け方5つ】

冬が旬の食材

冬が旬の食べ物は、体を温める食材が多く、
旬のものを選ぶことで冷えとりに効果的です。

土の中で育つもの

土の中で育つ根菜類は、温める力があるものが多いのが特徴です。
根菜類は人間でいうと下半身。足の冷えが気になる人におススメです。

黒いもの

東洋医学では季節や色を5つに分ける五行という考え方があり、
冬の五色は“黒”で、黒い食べ物は腎も喜ぶ食材ばかり。

辛いもの

辛い物を食べると体がぽかぽかするのを感じますよね。
辛いものには“辛温性(しんおんせい)”といって、
体を温める作用があります。

温かいもの

温かいものは、食べるともちろんぽかぽかしますが、
例えば体を冷やす作用があるものでも温めることで中和され、
体を冷やす心配がありません。


とのコト。

条件を満たす事だけが重要ではないけど、
買い物する時は、温め食材である旬のモノや
根菜類を積極的に買うようにしたいですよねグッド(上向き矢印)

冬が旬で土の中で育ち、なおかつ辛い食材である、
レンコンとゴボウのキムチで鍋を作り、
黒ゴマをタップリかけたりすれば、
温め食材としてはかなり優秀かもいい気分(温泉)

朝晩の冷え込みが
だいぶ厳しくなりましたが、
適度な運動と温め食材を意識して、
寒さに負けないように頑張りましょうひらめき



秦野市で骨盤の歪みを解消するなら
骨盤矯正専門の秦野カイロ治療院!




posted by 秦野の整体師 at 22:49| 神奈川 ☀| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。