2016年11月10日

大根シロップもいいな♪


民間療法は上手に使えば、どれも効果的なモノばかり、
特に妊娠中や授乳中で薬が飲めない時などは重宝しますよね左斜め下

【風邪の引きはじめにみんながやっている
 対策ってどんな効果があるの?】


●生姜のスープを飲む
「生姜に含まれる辛味成分には、
 発汗作用があるため、スープにして飲めば、
 体内にこもった熱を発散させてくれるでしょう」

●卵酒を飲む
「卵は栄養価が高く、お酒は体を温める効果があります」

●くず湯を飲む
「くずには体を温め、発汗させる作用があります」

●梅醤番茶を飲む
「梅醤番茶に含まれる梅干し、生姜、醤油、番茶は体を温め、
 免疫力を高める作用があります」

●お茶でうがい
「お茶に含まれるカテキンには殺菌作用があります。
 特に緑茶はビタミンCも含むため、
 荒れた粘膜を修復することも期待できます」

●大根シロップを飲む
「咳や喉の痛みに効果があります」

●長ネギ湿布を首に巻く
「ネギの匂いの成分に、消炎作用や殺菌作用があるので、
 ネギを首に固定して、においを嗅ぐとよいとされています」

●焼きミカンを食べる
「焼くことによって、皮に多く含まれる
 ビタミンCやβクリプトキサンチンなどの
 抗酸化作用の高い成分を摂取しやすくなります」


とのコト。

先日、梅醤番茶の作り方を紹介したけど、
大根シロップはまだなので(^^♪

基本的な大根シロップの作り方は、
小さく1センチ位に角切りにした大根を瓶の中に入れて、
大根が浸るくらいのハチミツを入れてから、
冷蔵庫に一晩おいて大根の汁が出ていれば出来上がり。

スプーンですくってそのまま舐めても良いし、
お湯で割っても生姜を加えてもOKるんるん

大根シロップは火を通していない為、日持ちはしません。
なので冷蔵庫にいれて2〜3日で使い切るコト。

気温と湿度の変化が激しく、
鼻や咽喉を痛めている方が多いデスが、
悪化する前にシッカリ温めシッカリ休んで、
本格的な冬にも負けないように頑張りましょうひらめき



ギックリ腰の痛みを治したいなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院!




posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。