2016年08月08日

見た目よりも性能が大事です!


腰痛、肩こり、寝違え、背中の痛み等に大事なのは
画像診断ではなくて、関節の可動性の差や
各筋肉の緊張の度合いです左斜め下

【画像診断を気にするな!背骨の変形は「顔のシワ」?
  痛みと画像診断には関連性がない!?】


多くの人は、「背骨が変形している=痛みの原因」だと思っている。
患者さんと話していても、腰痛があるのは、
「背骨が変形してしまっているから」と
思い込んでいる人はとても多い。

これは全くの誤解だ。確かに変形していることで、その結果、
神経を圧迫していたり、骨と骨がぶつかりやすくなって
痛みを生み出してしまっているケースは確かにある。
だが、多くの場合は、変形が痛みを招くわけではない。

医療関係者には有名な専門誌『Spine(スパイン)』で
発表された論文のなかに、次のような驚く報告がある。
腰痛の症状が出ていない健康な成人の腰部のMRIを撮ったところ、
椎間板の変形が91%、亀裂が61%の人に認められたというのだ。

椎間板は、背骨と背骨の間にあるクッションのようなものだ。
これが破れたり、膨張して神経を圧迫したりすると、
下肢のしびれや痛みが生じる。
これが「椎間板ヘルニア」と呼ばれるものだ。

頚部に対しても同じような研究が行われていて、
やはり健康な人の首のMRIでも変形が認められた、という報告がある。

健康な(痛みやしびれが全くない)人でも、
半数以上の人に変形が認められるというのだ。
このように、脊柱の変形と、実際に痛みが生じるかどうか、
にはほとんど相関がない。

つまり、画像検査で「変形」が発見されたからといって、
さほど心配する必要はない。

腰痛の研究が進んでいるオーストラリアでは、
国が発行する腰痛の治療ガイドラインに
「レントゲンなどの画像所見と実際の腰痛の症状は関連がない場合が
多くあるため、むやみに画像検査を行うべきではない」と明記されている。

画像と腰痛の関連性が低いことは、世界的な認識となりつつある。
画像検査を過信した安易な診断に振り回されると、
治るべき腰痛も慢性化することになるのだ。


とのコト。

姿勢の悪さや背骨の歪みは結果であって、
原因ではないというのは、自分にとっては当たり前だけど、
一般的な考えではないんですよねたらーっ(汗)

腰痛や肩首の痛みを解消する為に大事なのは、
何故、この患者さんは姿勢が悪いのか?
何故、背骨が変形して見えるのか?という
原因を探ることから始まるから、

そこを探らずに変形=痛みと解釈したら、
解消出来るはずの痛みも解消出来なくなってしまいます。

痛みには必ず原因があるモノ。
画像で分からないなら、関節の動きや
筋肉の緊張の度合いを確認すれば、
すぐに分かるモノ。

そして動きを見ればそれが先天的な奇形なのか?
後天的な歪みなのかも分かります。

適切な施術で痛みをシッカリ解消しましょうひらめき



姿勢改善、猫背を解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院!






posted by 秦野の整体師 at 23:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | 整体、カイロプラクティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。