2016年07月13日

夏は食生活の乱れに注意!


夏太りも夏痩せも基本的な原因はほぼ同じで、
「胃腸の機能」が強ければ夏太りするタイプで、
「胃腸の機能」が弱ければ夏痩せするタイプだそうです左斜め下

【 あなたは夏太り派? 夏痩せ派?
 夏の体重変化にご注意!】


‖「夏痩せ」タイプは、その原因を知ろう

@夏バテによる食欲低下
夏痩せの一番の原因は、脱水や暑さによる食欲低下です。

A間食による食欲低下
暑い日は、ゼリー、アイス、ジュースなど、
冷たくて甘い飲み物やデザートをついつい食べてしまうもの。
それらの間食によって胃腸の働きが鈍くなり、
消化吸収がますます滞ります。

Bタンパク質不足による筋肉の減少
そうめんなど、夏の食事は栄養が偏りがち。
例えば、そうめんだけを食べているとタンパク質が不足します。

‖「夏痩せ」タイプの対処法

@冷房を上手に使い体をクールダウン。
A甘い冷菓や飲料など、間食を控える。
Bタンパク質〈肉や魚、卵、豆製品など〉をしっかり摂取する。

‖「夏太り」タイプは、その原因を知ろう

@冷たくて甘い飲み物やデザートを食べ過ぎない

A体内の水分代謝の低下を防ぐ
冷房の効いた室内に長時間いると、
体内の水分代謝が低下し、むくみの原因になります。

Bビタミンやミネラル不足による代謝効率の低下を防ぐ
熱ストレスで食欲が低下すると、麺類や冷菓など偏った食事になり、
ビタミンやミネラル不足します。これらが不足すると
糖質や脂質が体内で効率的に活用されなくなります。

C運動不足による消費カロリーの低下
消費カロリーが低下するうえに、甘い冷菓を
多く摂取することで太りやすくなります。

D睡眠不足による過食傾向に陥らない
夏は暑くて熟睡できにくくなるので、脳が興奮している状態に。
そういう状態では、過食気味になるといわれています。

‖「夏太り」タイプの対処法

@室内でストレッチをするなど、積極的に体を動かす。
A睡眠時間7時間キープ!規則正しい生活を心がけ、自律神経を正常に保つ。
B40℃の湯船に10分浸かって基礎代謝を上げる。
C脂肪燃焼に不可欠なビタミンB1とビタミンB2を積極的に摂取する。


とのコト。

夏痩せ夏太りのどちらであっても、
"冷たくて甘い飲み物やデザートを食べ過ぎないコト"
"タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富な食生活"
"規則正しい生活と適度な睡眠時間の確保"
の3つは大事なポイントexclamation×2

本格的な夏が近づいてきて、
気温も湿度が非常に高くなり、
過ごしにくい日が続いていますが、

シッカリと夏を乗り越えられる
健康的な身体を維持できるように
頑張りましょうひらめき



秦野市で腰痛を解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院!



posted by 秦野の整体師 at 21:21| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。