2016年06月03日

疳の虫の謎が解けた!?


赤ちゃんが理由もなく不機嫌になって大泣きすると
疳の強い子だと言われたり、
疳の虫のせいだとか言われますが、
どうやら痛くて泣いている可能性も
かなりあるようデス左斜め下

【赤ん坊の時に良く泣く子は遺伝子変異が原因の可能性あり?】

赤ちゃんが泣く主な理由は、空腹や排泄であることが多いのですが、
そのようなはっきりした理由もなく泣いて、
お母さんが困っている姿をよく見かけます。

これはもしかすると寒さや悪天候、体調不良などで
引き起こされる手足の痛みが原因かも知れません。

京都大学は、日本の3つの県にお住まいの
ご家庭に対して遺伝子解析を行いました。

その結果、SCN11A遺伝子のp.R222H及びp.R2225に変異があると、
幼児期では手足が痛くなり、思春期にはその症状が
徐々に治まっていくことが分かりました。

同研究グループはこの疾患を今まで発見されていなかった
新たな遺伝子疾患だとして、「小児四肢痛発作病」と名付けました。 

成長するに連れて痛みが軽くなるので見過ごされていたのですが、
潜在患者の数は意外と多いのではないかと考えられています。


とのコト。

今までは、自律神経の異常興奮だとか、
運動不足、昼寝のし過ぎ、睡眠不足などが
原因として扱われてきましたが、
遺伝子変異による手足の痛みだとしたら、
対処の仕方は全く変わってきますよね。

手足が痛くて泣いているのだから、
いくら抱っこをして機嫌を取り続けても
痛みは取れないので、

いったんベッドに寝かせてから、
手首足首、肘膝、肩、股関節と片っ端から動かして見て、
泣き声が大きくなるなどの反応が変わる場所を
見つけるのが先だと思います。
見つけたら手足の関節周囲をさすったり、
温めてあげるのが良いかと。

小児四肢痛発作病の特徴は
月に10〜20回程度の割合で
手足の関節に起こる発作的な痛み。
15〜30分程度持続するコトが多く、
寒さや悪天候で痛くなるそうです。

それから思春期には症状が軽くなるそうですが、
親族に同じ症状を持つ方がいるコトが多いそうです。

身の周りに疳の強い子がいたら、
説明してあげるとお母さんのストレスは
だいぶ軽減するかもですねひらめき


秦野市で骨盤の歪みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ整体院!




posted by 秦野の整体師 at 22:14| 神奈川 ☀| Comment(0) | 妊娠、出産、育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。