2016年05月03日

良く食べ、良く眠ろう!


不眠症を改善する為には、
生活リズムの改善が基本ですが、
食事からアプローチするのも大事ですね左斜め下

【不眠症は食べて治す時代に!
 不眠症を改善する3つの成分をチェック】


□セロトニン

セロトニンは神経伝達物質のひとつで、
神経を鎮め心のバランスを整える働きがあります。
セロトニンは肉類や大豆製品、乳製品、
卵などのタンパク質を摂ることで増やすことができます。
バナナやアーモンドなどもセロトニンを
増やすことができる食べ物です。

□メラトニン

メラトニンは脳の松果体から分泌される睡眠ホルモンです。
メラトニンには副交感神経を優位にしたり、
脈拍や血圧を下げる働きがあります。
メラトニンはセロトニンから作られるので、
まずセロトニンを増やすことが重要です。
その他にも、しっかりと太陽の光を浴びることでも
メラトニンは増加します。

□アミノ酸

アミノ酸にはいろいろな種類がありますが、
なかでも睡眠に関係が深いのはトリプトファンとGABAです。
トリプトファンはセロトニンの材料となるアミノ酸、
GABAには神経の興奮を抑えて精神的な
ストレスを取り去る働きがあります。
GABAは玄米や胚芽米などの雑穀やキムチや納豆、
チーズなどの発酵食品に多く含まれています。


とのコト。

適度な運動と規則正しい生活、
そしてバランスの取れた食事。

楽しくゲームをするように
快眠の為に攻略法を考えるのが良いかもるんるん
頑張りましょうひらめき



骨盤の歪みを改善するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院!




ラベル:睡眠
posted by 秦野の整体師 at 23:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。