2016年03月12日

肉体が衰えれば脳も衰える!?


運動不足や肥満は
肉体的な老化だけでなく、
脳にも悪影響を与えるようデス左斜め下

【メタボはボケる!「軽度認知障害」のリスクは1.46倍、
 「認知症」に進行するリスクは4倍以上!?】


今回報告されたのは、
シンガポール在住の中国人を観察した研究だ。

認知機能が正常な55歳以上の2042人を、
6年余り観察した。

その結果、観察開始時に
メタボリックシンドロームだった群
(メタボ群:340人)では

そうでなかった群(非メタボ群:1179人)に比べ、
追跡期間中に「軽度認知障害」が
1.67倍も多く認められた。

年間発生率は、メタボ群で2.37%、
非メタボ群で4.04%である。

ちなみに「軽度認知障害」とは、
大まかに言うと「ときどき物忘れがあるが、
日常生活に大きな支障はない」状態である。

これが「認知症」になると、
もう独立した日常生活や円滑な
人間関係は営めなくなる。

メタボリックシンドロームで
リスクが増えるのは
軽度認知障害だけではない。

軽度認知障害から認知症へ
増悪するリスクも高くなる。

メタボ群のリスクは
4.25倍も高くなっていた。
 
なお今回の研究では、
糖尿病についても検討している。

2型糖尿病患者では年齢や
学歴などの影響を除去しても、

軽度認知障害発症リスクが
非糖尿病患者の2.84倍にも及んでいた。

この値はメタボリックシンドロームの
1.46倍よりも大きい。ただし、

軽度認知障害から認知症へ
増悪するリスク増加は、
2型糖尿病では2.47倍。

こちらはメタボリックシンドロームの
4.25倍の方が大きかった。


とのコト。

食事を気を付けるだけでなく、
何よりも大事なのは運動exclamation×2

身体を動かすコトは
認知機能を高める為には
とても大事な要素グッド(上向き矢印)

適度な運動を日常から心がけ
シッカリと認知機能を鍛えましょうひらめき



腰痛、椎間板ヘルニア、
坐骨神経痛なら秦野カイロ!




posted by 秦野の整体師 at 23:06| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。