2016年02月02日

豆まきの後は要注意!


明日は節分ですが、
乳幼児のいる家庭では
豆の誤嚥に要注意なのデス左斜め下

【節分の豆やナッツ「3歳頃までは控えて」
 消費者庁「幼児には危険」と注意呼びかける】


豆やナッツ類は
そのまま飲み込んでしまうと、
窒息事故につながる。

また、砕いて与えたとしても
小さな破片が気道に入ると、
気管支炎や肺炎を発症する恐れがある。

気道に入ってしまった破片を
取り除くには、全身麻酔が必要となる。

実際あった2歳児の例では、
発熱と咳があり肺炎の疑いで入院。

退院後も咳が続き、数か月後に
気管にピーナツの破片が見つかった。

ほかには豆が混ざったクッキーを誤嚥し、
救急受診した1歳児の例もある。

誤嚥のほかに、子どもが
豆を鼻や耳の穴に入れてしまい、

取れなくなるという
トラブルにも気をつけたい。

思わぬ事故にならないよう、
節分の豆まきを行なう際は注意が必要だ。


とのコト。

歯が生えそろっておらず、
豆やナッツを細かく噛み砕くのが、
まだ苦手な乳幼児あせあせ(飛び散る汗)

そして鼻の穴や耳の穴にも
何故か豆やナッツを
詰めたがるのが乳幼児(゚ω゚;)exclamation&question

だから明日の節分では
豆まきした後に、

絶〜対に床に豆が
落ちたままにならないように
気を付けましょうひらめき



秦野で肩凝り、首凝りの解消、
骨盤矯正ならお任せ下さい!



posted by 秦野の整体師 at 21:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。