2015年09月15日

長時間テレビ=長時間フライト!?


長時間、テレビを視聴する時には、
途中で休憩して水分補給したり、

立ち上がって歩き回ったりして
下半身を積極的に動かさないと、

家庭でもエコノミークラス症候群に
なってしまうかもデスあせあせ(飛び散る汗)左斜め下

【1日5時間以上のTV視聴、
 エコノミークラス症候群での死亡6.5倍に】


1日のテレビ視聴時間が
5時間以上の人では、肺塞栓症、
いわゆるエコノミークラス症候群によって

死亡する危険性が6.5倍に高まることが、
全国の中高年8万人を対象に行った調査で分かった。

今回、全国の40〜79歳の男女を対象に、
テレビの視聴時間と肺塞栓症による
死亡リスクとの関連を検討した。

年齢や性別、喫煙、飲酒、運動習慣などの
影響を除外して分析した結果,

1日当たりのテレビ視聴時間が
5時間以上の人では,

2.5時間未満の人に比べて
肺塞栓症で死亡する危険性が2.28倍高かった。

さらに、年齢が40〜59歳の人に限定すると
危険性は6.49倍に高まり,

2.5〜4.9時間の人でも3.14倍になっていた。


とのコト。

朝から晩までテレビの前から
一歩も動かないなんてコトは
無いと思いますが、

そう感じさせるくらい、
ボ〜っとテレビばかりを
見ている方は要注意exclamation×2

エコノミー症候群とはいうけど、
家庭では高級な座り心地の良い
椅子の方が危険かもたらーっ(汗)

CM中には立ち上がるだけでなく、
なるべくストレッチや体操を
心掛けたいデスね(^_^;)

気を付けましょうひらめき



秦野で骨盤矯正、
坐骨神経痛、腰痛専門!


posted by 秦野の整体師 at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。