2015年08月31日

大人の手足口病はハンパじゃない!?


手の平、足の裏、口内に
水疱が発生する手足口病といえば、

乳幼児の病気というイメージですが、
大人でも発症するコトがあるそうデス左斜め下

【高熱、飲み込めない、歩けない......!
 治療薬がない"手足口病"は大人がかかる重症化】


手足口病は軽い疾患だと捉えがちだが、
それは、あくまで子どもが罹ったときの話だ。

患者の約9割は5歳以下の乳幼児だが、
残り1割は大人が発症している。

大人が手足口病にかかると、
約3割の患者は40℃以上の高熱を出す。

水泡性発疹も、子どもと同じように
手・足・咽喉に出てくるが、
痒みや痛みを伴うことが多い。

なかには、足にできた発疹で
歩けなくなる人もいる。

咽喉の発疹によって、
ものを食べるどころか水が飲めずに、
脱水症状を起こすことさえある。

そのほかに、頭痛や下痢、嘔吐、
筋肉痛・関節痛などの症状も報告されている。

子どもなら新陳代謝がよいせいか、
発疹はきれいに消えてしまうが、

大人は、皮が剥けたり、
しばらく痕が残ったりする。


とのコト。

手足口病に大人になってから
かかってしまったらキツいだろうな〜(ーー;)

何より治療法が確立していないから
対症療法しかないというのがツラそうあせあせ(飛び散る汗)

もし自分に水が飲めない程の
咽喉の発疹がでたとしたら、

口内炎薬を塗るのも大変そうで
ゾッとしてしまいマス(ToT)

もし身のまわりに手足口病に
感染した子供がいる場合は、

症状が治まってからも1カ月ほど
ウイルスは排出し続けられますからたらーっ(汗)

家族内で"治った"と思ってからも
手洗い、うがいはもちろん、

食器やタオルの共用を
避けるようにすることで

大人が感染してしまわないように
心がけましょうひらめき



秦野市でマタニティ整体、
産後の骨盤矯正なら
秦野カイロ治療院!




posted by 秦野の整体師 at 22:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。