2015年06月10日

食べ物の時速は37.5センチ!?


大腸がんは食生活の変化により、
増え続けていますが、

予防の為に、とにかく大事なのは
食生活の改善と適度な運動デス左斜め下

【大腸がん 食生活や飲酒が影響 適度な運動で予防】

国立がん研究センターの予測によると、
今年新たに大腸がんと診断される人は
13万5千8百人。

これまでは胃がんや肺がんが多かったが、
今年初めてすべてのがんの中で最多になる見通し。

大腸がんで死亡する人も、女性で一位、
男性も肺、胃に次いで三位になるという。

日本人の大腸がんは
半世紀前と比べ約八倍になった。

主な原因は、欧米化した食生活と高齢化とされ、
「生活習慣病の一つと言っても過言ではない」。

予防法や対策も同様のものになる。
リスクを確実に高めるのは、

牛肉や豚肉など「赤肉」と呼ばれるものや、
ソーセージやハムなどの加工肉。

飲酒は一日ビール900ml(大瓶約一本半)、
またはワイン400ml(グラス約二杯)を
飲む人は発症リスクが二倍に。

さらにその二倍を飲むような人は、
発症リスクが三倍に跳ね上がる。

喫煙、肥満もリスク因子。
やせすぎもよくない。

予防に確実に良いとされているのは適切な運動。

一日一時間のウオーキングと、
息がきれるぐらいの運動を週に二日、

三十分ずつするのが理想だ。


とのコト。

口から肛門までの距離は
およそ9メートルといわれ、

個人差にもよりますが、
食べた物は平均的には

24〜72時間程度の
時間をかけて排出されマス。

つまり24時間で排出される方の場合、

食物が消化管を通過するスピードは
9メートル÷24時間で

平均時速37.5センチexclamation

72時間かかった場合は
なんと時速12.5センチexclamation×2

驚きの遅さデス(笑)

これだけゆっくりと
進むのだから消化管に与える
影響が大きいのは当たり前たらーっ(汗)

本能のおもむくままに
食べるのも良いけど、

出来れば、身体に良いモノを
選んで食べるようにしましょうひらめき


ギックリ腰なら秦野カイロ。
骨盤矯正の整体院!




ラベル:
posted by 秦野の整体師 at 07:00| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。