2015年05月27日

脳の老化予防にクジラ肉!?


身体に良いモノは
本能的に分かると言いますが、

昔からクジラの肉が
日本人に好まれていたのも
そのパターンかも?

クジラの肉は抗酸化力が
とても優れているようデス左斜め下

【クジラ肉でアルツハイマー病予防の可能性】

今回、マウスの研究で明らかにされたのは、
認知症患者の半数程度を占めるとされる
アルツハイマー病に対する予防と改善効果だ。

着目したのは「バレニン」という成分。

バレニンは、アミノ酸が
くっついてできる「ペプチド」の中でも、

イミダゾールジペプチドという
疲労回復効果や抗酸化力に優れた種類のもの。

このバレニンを多く含むのが、
クジラの赤身肉なのだ。

通常の速度で老化が進行する
「正常老化マウス」と、

通常よりも1.5〜2倍程度の老化促進が起こる
アルツハイマー病の動物モデルである
「老化促進マウス」を用意。

調査捕鯨で入手したミンククジラや
イワシクジラの赤身肉からバレニンの粉末を作製し、

正常老化マウスにはバレニンを含まない餌
(通常食)を与えた一方、

老化促進マウスにはバレニンの粉末を含む餌
(バレニン食)か含まない餌(通常食)の

いずれかを与え、記憶力や
意欲への影響を比較した。

その結果、通常食を与えた
老化促進マウスに比べ、

バレニン食を与えた老化促進マウスでは、
記憶力や意欲の低下に対する
改善効果が示されたという。


とのコト。

まだマウスでの実験なので
効果を断言できる訳じゃないけど、
かなり有望なのは間違いなさそう。

ただ、この実験の結果を
発表するだけで、欧米の方は
かなり過敏に反応しそうな予感たらーっ(汗)

だけど研究としては
やっぱり興味深く面白い内容だし、

バレニンは合成も可能
だというコトなので、

今後、さらに研究が進んで
人間の脳ではどのような
結果が出るのかが楽しみデスひらめき



秦野市の整体院。
ムチウチ、寝違い、頸椎ヘルニア、
首や腕の痛みならお任せ下さい!




posted by 秦野の整体師 at 07:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。