2015年04月08日

心肺能力を上げてガンの心配脳力を下げよう!


一般的にフィットネスレベルというと、
心肺能力やスタミナを含めた

トータルな運動能力の高さの
コトをいいますが、

特に心肺能力の高さは
健康を維持する為には重要デス左斜め下

【フィットネスレベルが
 男性のがんや死亡リスクと関連】


研究者らは中年期の
心血管性フィットネスと

がんの罹患率及び
がん診断後65歳以上の
生存率について検討した。

心血管性フィットネスが
中年期に高かったものは、

低かったものに比べて
肺がんになるリスクが55%低く、

直腸結腸がんになる
リスクは44%低かった。

ただし、前立腺がんの罹患リスクは
低下していなかったようだ。

さらに、心血管性フィットネスが
中年期に高いことは、

前立腺がんを含めて肺がん、
直腸結腸がんによる死亡リスクが

32%低下することと関連していることが、
データから明らかになっている。

心血管性フィットネスが高いことは
低い場合に比べ68%心疾患リスクによる
死亡リスクが低下することも報告された。


とのコト。

中年期に心肺能力が高ければ、
ガンになるリスクが低くて、

また、ガンになったとしても
死亡するリスクが低くなるというのだから、

これはもう、適度な運動を
するしかないデスよねるんるん

頑張りましょうひらめき



ムチウチ、寝違い等の
首や背中の痛みでお悩みの方に
秦野カイロの骨盤矯正!



ラベル:
posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。