2015年01月28日

鼻水に負けるな!


鼻炎でも風邪でも鼻水には
適切な対処が必要デス左斜め下

【花粉症の症状を軽くすませるために、
 冬の間の生活から抵抗力を養う】


鼻水と一口にいっても、
水のようにさらさらしているものから、

黄色く粘って鼻をかんでも
なかなかすっきりしないものまで、
いろいろなタイプがあります。

透明で粘りがなく、
さらさらした鼻水は「冷え」の症状。

ネバネバしていて
色も濃い鼻水は「熱」の症状です。

そのため、さらさらの鼻水は体を温め、
粘る鼻水は熱をさますという方法があります。

さらさらの鼻水を止めるのに即効性があるのは、
ショウガと山椒の組み合わせ。

ちょっと辛いのが難ですが、
ショウガに山椒の粉をつけて
かじるという方法は、効果てきめん。

一方の粘っこい鼻水は、
ミントのように、

熱をとりのぞいて発散させる
作用のあるものが効果的。

香りにも鼻を通らせる作用があるので、
温かいミントティーなどがおすすめです。


とのコト。

確かに鼻はス〜っと
通るのかも知れないけど、

ショウガに山椒の粉をつけて
かじるというのは過激(笑)

花粉症で窒息しそうなくらい
苦しい時なら平気で出来るかも
知れませんが(@_@;)

取りあえず、冷え込んできている今、
自分は蒸し生姜が欲しいデス左斜め下

【■蒸しショウガの作り方2つ】

本来は、蒸してから乾燥させて作る、
蒸しショウガですが、もっとお手軽に作れます。

(1)オーブンで作る
薄くスライスした「ひね生姜」を
80℃のオーブンで45分〜
乾燥するまで入れておけばOK。

蒸して乾燥させなくても、この方法で、
ショウガオールが生のショウガの10倍になるそう。

(2)天日干しで作る

スライスした生姜を
カラカラになるまで天日干しにするだけでも、
ジンゲロールがショウガオールに変化します。


ショウガオールをしっかり摂って
冷えた身体を温めましょうひらめき



秦野の整体院。
寝違えとムチウチならお任せ下さい!


ラベル:花粉症
posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。