2014年08月21日

弱点をよく知ってカバーしよう!


消化管や婦人科疾患の
手術の経験がある方は、

食べ物を良く噛むことはもちろん、

消化されにくいモノや
水分を含むと膨らむタイプの食品は、

食べ過ぎないように
気を付けた方が良いデスね左斜め下

【食べ物が原因で腸閉塞になることもある】

食べ物が原因で腸閉塞(イレウス)に
なることがあります。

食べ物が詰まることで起こる腸閉塞を
「食餌性イレウス」といいます。

消化管や婦人科疾患の
手術の経験がある場合は、

術後癒着により腸が
狭くなっている場合があります。

腸閉塞の予防には食事に注意すべきです。

食べ物はよく噛んで、
ゆっくり適量をとるようにしましょう。

早食いや食べ過ぎは、腸の狭い部分に
急に大量の食物が入ることになり危険です。

腹部手術の既往のある方は、

コンニャク、硬い繊維の野菜
(タケノコ、ゴボウ、レンコンなど)、

キノコ類、海藻類、イカ、タコ、
油の多い料理、脂肪の多い肉など

消化の悪い食べ物は控えるように
したほうがいいでしょう。

コンニャクや硬い繊維の野菜は
一般的に便通予防には効果的ですが、

消化されにくいという特徴があります。

術後癒着などで
腸が狭くなっている場合には
摂取量に注意が必要です。


とのコト。

テレビ等で見たり聞いたりする
一般的な健康情報は、

どちらかというと、
とても「健康な人」向けの情報が多く、

特に食品関連はアレルギーや
不耐症などの問題も絡んでくる為、

誰にでも当てはまる訳では
ないので要注意exclamation×2

ってなんだか自分に
言い聞かせている感じ(笑)

健康的な生活を送る為には
健康情報を何でも
鵜呑みにするのではなく、

自分の身体の弱い所をよく知り、
自分にあった情報を選んで、
試すように気を付けましょうひらめき



秦野市で骨盤矯正なら、
秦野カイロ治療院!




posted by 秦野の整体師 at 23:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。