2013年12月19日

脳の発達を阻害する殺虫剤!?


日本でも多く使われている
「ネオニコチノイド系農薬」

世界各地で起きている
ミツバチの大量死や大量失踪の
原因物質ではないかといわれて、

EUでは既に3種類のネオニコチノイド系農薬の
(クロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサム)

使用が科学的根拠が不足していても
対策をとるという「予防原則」により
今年の12月から原則禁止となっていますが、

ミツバチだけでなく、
赤ちゃんや子供などの

発達中の脳などの神経系統に
悪影響を及ぼす恐れがあるそうデス左斜め下

【殺虫剤2種、脳発達を阻害する可能性 EU報告】

欧州食品安全機関によると、
ネオニコチノイド系殺虫剤の

「アセタミプリド」と「イミダクロプリド」は

人間の発達中の神経系統に
影響を及ぼす可能性があるという。

欧州食品安全機関は声明で、
この2種の殺虫剤が

「学習や記憶などの機能に関連する神経細胞と
脳の構造の発達に悪影響を及ぼす恐れがある」ことを
今回の研究は示唆していると指摘している。


とのコト。

農薬というと農業でしか
使わないイメージがあるけど、

家庭でも殺虫剤やペットのノミ取り、
ゴキブリ駆除、シロアリの駆除などで
意外と使われていますあせあせ(飛び散る汗)

そもそも人体への影響が大きいといわれる
有機リン系殺虫剤に代わる存在として、

たばこに含まれるニコチンに似た
殺虫作用を持つがニコチンほど、

人間や家畜に対する毒性が高くない
殺虫剤として開発されたという
「ネオニコチノイド系農薬」

人体への毒性は高くないといっても
有機リン系殺虫剤に比べてという話たらーっ(汗)

殺虫剤はやっぱり殺虫剤。
虫が死ぬのに人間に害がない訳ない(笑)

ご家庭で殺虫剤を使用する場合も
危険性や影響をよく考えて、

妊婦さんや赤ちゃん、
子供がいるそばでは
絶対に使わないようにしましょうひらめき



秦野市の整体院。
骨盤矯正ならお任せ下さい!



posted by 秦野の整体師 at 22:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。