2013年12月18日

喫煙が元で顔の下の方が老化!?


タバコによる老け顔サインは
目の下のたるみや口のまわりのしわ、

唇、フェイスラインやあごのたるみなど、
大部分が顔の下の方に出るそうデス左斜め下

【顔の下2/3に老化サインが出現…老けて見えるのはアレのせい!?】

2人のうち1人が喫煙をしている一卵性の双子を対象に、
喫煙と顔の老化現象についての研究を行いました。

調査が行われたのは全79組で
平均年齢は48歳、57組は女性でした。

形成外科医が各双子の顔写真を比較検証。

しわの深さなど喫煙がどのように顔の老化に
影響を及ぼしているか分析を行ったところ、

喫煙者は喫煙していないもう一方の双子に比べて、
まぶたのたるみや涙袋が大きくたるんでおり、
老けて見えるということがわかりました。

また鼻と口の間のしわや、
唇のしわ、あごのたるみも深く、

喫煙歴が長ければ長いほど
これらの老けは顕著になり、

特に目の下のたるみと下唇のしわが
大きく影響することも明らかとなりました。


とのコト。

以前も書いたスモーカーズ・フェイスの
研究についての記事ですが、

顔の下の方に老け顔サインが
集中しているのには
気が付きませんでした(=゚ω゚=;)

老け顔予防の為には
自分がタバコを吸わないのは勿論、

副流煙の影響を考えると
同居している家族にも
禁煙してもらうのが理想デスねひらめき


秦野市の骨盤矯正整体院!
妊娠中と産後の整体もお任せ下さい。


ラベル:老化
posted by 秦野の整体師 at 21:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。