2012年01月18日

地震から身を守るために

こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

気になる記事。
地震予知の第一人者・長尾年恭東海大学教授
「首都圏直下型M8」「東海地震M9」はまもなく来るものと覚悟してください


こういう記事を読むと、何だか心配になってしまうけど
普段から何があってもいいように心がけておくことは大事。


地震のときはこうしよう :警視庁


『国の中央防災会議は、「首都圏でも、震度6弱以上の直下地震の発生は、
ある程度の切迫性を有している。」と指摘しており、
政府の地震調査研究推進本部でも首都直下地震の発生率を「30年以内に70%」としています。
大地震が発生したとき、身を守るためには、
みなさん一人一人が日頃から地震に対する意識を持ち、
いざというときのための準備をしておくことが重要です。』

とのこと。

ちなみに↑で紹介している警視庁のパンフレットにも書いてありますが、

首都圏で大地震が発生した場合、
通行禁止区域というのが出来るため

状況や場所によりますが、
車を駐車して非難しなくてはならないようです。

右斜め下コチラは神奈川県の交通規制
神奈川県警/大地震が発生したら:大地震発生時の交通規制


もしも、通行禁止区域内や緊急交通路上に、やむを得ず駐車して避難するときは

○ 交差点を避け道路の左側に寄せて停車しましょう。

○ エンジンを切って、エンジンキーは置いておきましょう。

○ ドアはロックしないようにしましょう。

○ 火炎が入らないように、窓は閉めておきましょう。

○ 貴重品は、車内に残さないようにしましょう。

だそうです。

鍵付きのまま、愛車を置いていくのは忍びないですが

通行禁止区域や緊急交通路に指定されてしまったら
車での移動は諦めるしかありません。

生き残ることが最優先なので、
いざとなったら覚悟を決めて歩くしかないですexclamation×2

普段から意識して
身を守るための準備と心構えをひらめき



秦野市渋沢の整体・肩こり・腰痛・ぎっくり腰・骨盤矯正の秦野カイロ治療院


ラベル:地震
posted by 秦野の整体師 at 22:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。