2011年10月06日

呼吸と整体


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。


肺や気管支に異常がある訳でもないのに
「呼吸が浅く、息苦しい。」
「深呼吸や腹式呼吸が上手に出来ない。」等

これらの息苦しさの多くは胸部や腹部の動きの悪さに原因があって、
胸部や腹部の動きをつけるだけでも呼吸はだいぶ楽になります。

胸部や腹部の動きの悪さは
横隔膜や外肋間筋、内肋間筋などの呼吸筋が動きづらくなるため、
深呼吸や腹式呼吸が上手にできない原因として考えられます。

そもそも肺は膨らんだり、縮んだりして空気の出し入れをおこないますが、
これは心臓のように自分の力でポンプ運動しているのではなくて、

横隔膜や外肋間筋、内肋間筋などの呼吸筋の働きにより、
肺の収まっている胸郭が膨らんだり、縮んだりすることで、
受動的に肺の空気の出し入れがおこなわれます。

ですから、胸部や腹部の動きをつけることは、
呼吸筋が動きやすい状態にすることなので
深呼吸や腹式呼吸をしやすくすることでもあるのです。

また、
呼吸には骨盤や背骨などの骨格のバランスも影響します。

なぜなら人間は背骨や骨盤が歪んだ状態でも
身体の重心のバランスをとらないと姿勢を維持できないため、

呼吸筋までも緊張させて身体の重心のバランスをとるのです。

当然、呼吸に使うための筋肉が姿勢を維持するために
使われてしまうので呼吸は浅くなってしまいます。

ですから、骨盤や背骨などに対する施術も
呼吸の改善には必要不可欠なのです。

胸部や腹部の伸縮がスムーズに行われ、
身体全体のバランスが整えば、

姿勢をリラックスした状態に出来るため
胸いっぱいに十分な呼吸が出来るようになりますひらめき



秦野市渋沢の整体・肩こり・腰痛・骨盤矯正の秦野カイロ治療院





posted by 秦野の整体師 at 23:12| Comment(1) | 整体、カイロプラクティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勉強になります
Posted by at 2011年10月06日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。