2020年09月01日

もっと運動しなくては!


高タンパクな食材の代表といえば
鳥のささみが有名ですが、意外と
豚のヒレ肉も優秀なんだな〜左斜め下

【高タンパク質・低カロリーの食材について】

◆食品100 g当たりのエネルギー・タンパク質・脂質の量
ここでは、高タンパク質・低カロリーの
代表的な食材をご紹介します。

肉類
同じ鶏肉でも、もも肉で皮付きのものは、
ささみと比較するとエネルギー(カロリー)
が約2倍になります。

鶏(ささみ)
エネルギー:105 Kcal
タンパク質:23.0 g
脂質:0.8 g

豚肉(ヒレ)
エネルギー:115 Kcal
タンパク質:22.5 g
脂質:1.9 g

牛肉(ヒレ)
エネルギー:133 Kcal
タンパク質:20.5 g
脂質:4.8 g


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
タンパク質の必要性も説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



豚肉は高エネルギーなイメージがあるけれど、
バラ肉やロース以外は脂身が少ないから
意外と低エネルギーなんですよね(^^♪

だから牛も豚も赤身、肩、ヒレ、ももを選べば
基本的には問題ないのだろうけど脂身が少ない肉を
美味しく食べる為にはメニューに工夫が必要かと。

せっかく低エネルギーの食材を選んだのだから
油で揚げるのは避けたいと思うので、
茹でたり蒸したりして野菜と組み合わせるのが
王道なんだろうけど、めんどくさい場合は
煮込み料理がボリュームもあって良さそう。

でもやっぱり、たくさん運動して
エネルギーをあまり意識せずに食べる方が
自分には合っている気がするので、

暑さも落ち着いてきたことだし、
食事ではなく運動メニューを強化して
身体を引き締めるべきかと。
頑張るぞ〜ひらめき



むち打ち、ストレートネック、
首の痛みや肩こり解消におすすめ
骨盤矯正の秦野カイロプラクティック




posted by 秦野の整体師 at 23:53| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする