2020年07月03日

硬〜い水が飲みたいな


市販のミネラルウォーターのどれが硬水で
どれが軟水なのかの区別はつくのですが、
具体的な硬度は頭に浮かばなかったので
分かりやすくまとまっていると助すかります左斜め下

【運動時の水分補給は
「硬水」と「軟水」どっちが適しているの?】


代表的なミネラルウォーターの硬度を
いくつかご紹介します(単位はmg/L)。

◇ 軟水(〜120)
・南アルプスの天然水(30)
・クリスタルガイザー(38)
・「アサヒ おいしい水」天然水 六甲(40)
・ボルヴィック(60)
・いろはす(100未満)※産地によって違いあり

◇ 硬水(120〜)
・エビアン(304)
・ヴィッテル(307)
・コントレックス(1468)


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
軟水と硬水の特徴について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



そういえば最近、コントレックス飲んでないなぁ
25年前に比べたら値段もずいぶん安くなったし、
スーパーでも簡単に買えるようになったから
今こそ飲み時なのに、勿体無いかも(@_@;)

コントレックスは硬度が他の硬水に比べてずば抜けて
高いだけあって硬水の中でも独特の味がするし、
飲むとお腹を下す人もいるので初めて飲む方は
要注意だけれど、飲みなれるとミネラル補給には
とても便利ですよねグッド(上向き矢印)

今年の夏は硬水でミネラル補給を心掛けて
適度な運動と入浴でシッカリと汗をかいて
夏バテしないように頑張るぞ〜ひらめき




むち打ち、寝違いなどの
首や背中の痛みを解消におすすめ
骨盤矯正の秦野カイロプラクティック







posted by 秦野の整体師 at 23:46| 神奈川 ☔| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。