2020年02月05日

かなり意識しないと不足するかも


タンパク質が重要だということは、
ほとんどの方がご存知だと思いますが、
実際に必要な摂取量は意外と多いので、
かなり意識してメニューを考えないと
不足気味になってしまいますよね(@_@;)左斜め下

【お腹まわりのゆるんだお肉、
 たんぱく質不足が原因かも?!
 体のもと「たんぱく質」の基本のキ】


では、1日にどのくらいの量のたんぱく質を
食べものからとる必要があるのでしょうか。

大人の女性の1日のたんぱく質の「推奨量」は50g。
これは「病気にならないギリギリの量」ということで、
決して十分な量とはいえません。

それでも食べものに換算すると、
ゆで卵なら7.7個分、納豆なら10パック、
ウインナーなら25本分、とけっこうな迫力です。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
たんぱく質の大切について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



肉や魚が好きな場合は何の問題もないのですが、
そうではない場合はかなり注意が必要あせあせ(飛び散る汗)

基本的に炭水化物中心のワンプレートメニューでは
大抵の場合不足してしまうので、卵やチーズの他、
納豆や豆腐などの大豆製品全般をちょい足しすれば
なんとか足りるかな^_^;

その他には、かまぼこやちくわ、はんぺん等も
たんぱく質が多いのでおすすめ。
おつまみに枝豆を食べればもっと良いかと。

日頃から毎食たんぱく質を摂取するようにして
適度な運動もおこなえば仕事や年齢に負けずに
健康を維持出来るはずグッド(上向き矢印)
頑張りましょうひらめき



巻き肩、猫背、ストレートネックを解消
姿勢改善なら骨盤矯正の秦野カイロプラクティック






posted by 秦野の整体師 at 23:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。