2019年01月11日

スモークフリーはストレスフリー


地域レベルで屋内を全面禁煙にすれば、
タバコを吸わない方の血圧も地域レベルで
下がるようです(@_@;)左斜め下

【飲食店や職場の全面禁煙で非喫煙者の血圧が低下】

対象は、1985〜86年に米国の4都市で登録された
5,115人(登録時年齢18〜30歳)のうち、
追跡開始後10、15、20、25年のいずれの時点でも
喫煙していないと報告し、血圧を2回以上測定していた2,606人。

全米でスモークフリー政策が導入され始めた時期に
相当する1995〜2011年(10〜25年後)のデータを、
州や郡、地域レベルでの飲食店や職場における
スモークフリー政策の実施状況とリンクさせた。

解析の結果、追跡開始後25年時点における最高血圧は、
スモークフリー政策として
レストランの全面禁煙が導入された地域の居住者では、
そうでない地域の居住者と比べて1.14mmHg低い値だった。

バーの全面禁煙が導入された地域の居住者では、
そうでない地域の居住者と比べて1.52mmHg低かった。
職場の全面禁煙が導入された地域の居住者では、
導入されていない地域の居住者と比べて1.41mmHg低かった。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元のサイトには
健康関連のさまざまな記事が掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



血圧の変化は個人レベルでは
大きな変化ではないそうだけれども
たとえ小さな変化であったとしても
変化が出ているのは間違いないこと。

自分のようなタバコを吸わない人間にとって、
どこのレストランに入っても喫煙者がいるのと、
どこのレストランに入っても全面禁煙なのでは、
精神的には天国と地獄ほどの差なので、

肉体に与える影響も見た目や結果だけでは
わからないプラス面があると思うのですが
どうなのだろう(@_@;)

どうであれ受動喫煙リスクを少しでも減らす為に
人が多く集まる場所では全面禁煙が
当たり前になることを切に願いますひらめき



ひどい寝違えの痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院






posted by 秦野の整体師 at 23:55| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。