2019年01月10日

とにかく体を動かそう


当たり前のようにも感じますが、
やっぱり認知症予防の為には
太り過ぎない方が良いようです左斜め下

【肥満と脳の萎縮に相関関係があった
 ──認知症対策に使えるかも?】


研究チームはMRI(磁気共鳴映像法)で参加者の脳をスキャンし、
脳の表面に近く神経細胞が密集する「灰白質」と
神経細胞同士をつなぐ「白質」を含む脳のMRI画像を解析した。

その結果、BMIとウエスト・ヒップ比の両方が
最も高いグループは灰白質の容積が最も小さく、
平均で786立方センチメートルだった。

対照的に、BMIは高いがWHRは高くない
グループは平均で793立方センチ、
BMIで適正体重だったグループは
平均で798立方センチだった。
白質の容積は体重に左右されなかった。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
研究について丁寧に説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



認知機能を高めるような運動をしなければ太るし、
太り過ぎれば認知機能を高めるような運動を
日常的にやりづらくなるし、億劫にもなるので、
太るから脳が委縮するのか?という
ポイントはハッキリとはしませんが、
とにかく太り過ぎは避けるべき。

現代人は移動の為に歩く時間も少なく、
なにかと座る時間も長すぎるので、
かなり意識して立ち上がって運動しないと
太らなくとも筋力が落ちすぎてしまいがちたらーっ(汗)

だから運動はもちろん、日常的に生活の中で
身体を余計に動かすように意識して
認知機能が衰えないようにしたいですよね。
頑張りましょうひらめき



姿勢を改善して腰痛解消
首や背中、腰の痛みなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院







ラベル:肥満
posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。