2019年01月08日

吸いたくない自由も大切


受動喫煙というと長い時間をかけて被害を受けた結果、
肺がんになったりするイメージがありますが、
タバコの煙を感じた途端に発症する「受動喫煙症」の
方もいるのだから、屋内禁煙は必須だと思います左斜め下

【受動喫煙症、深刻な被害 たばこ臭でも“反応”】

たばこの煙に含まれる化学物質に反応し、
目やのどの痛み、発疹などの症状が出る「受動喫煙症」。

重症になると服に付いたわずかな
たばこの臭いでも激しい症状を引き起こし、
日常生活に支障が出るケースもある。

日本禁煙学会(東京)は診断基準をつくって注意を呼び掛け、
屋内禁煙など対策の徹底を訴える。

「頭痛や吐き気がひどく、息苦しさもあった。
近くにたばこを吸う人がいると必ず症状が出た」。
昨秋、受動喫煙症と診断された愛知県の無職男性(30)は振り返る。

昨夏に転職した携帯電話販売業の店舗に喫煙所がなく、
休憩室で同僚たちの煙にさらされた。
一週間で症状が出始め、悪化。煙はなくても、
喫煙者の息やたばこの臭いが付いた服に反応し、
息苦しくて倒れ、救急搬送されたこともあった。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
受動喫煙症について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



喫煙者の方からみると
理解出来ないかも知れませんが、
タバコを吸わない方からしたら
煙害はとても苦しいもの。

自分の場合は頭痛程度で済んでいますが
それでもツラく感じるし、飲食店などで
喫煙者の方がいるとガッカリしますバッド(下向き矢印)

もちろん喫煙の自由はあると思いますが、
同じように嫌煙の自由もあるはず。

だから非喫煙者がタバコの煙を感じずに
過ごせるような環境作りは大切だし、
子供達の健康を守る為にも必須exclamation

原則的に「屋内では禁煙」というのが、
当たり前になりますようにひらめき



姿勢の歪みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院







posted by 秦野の整体師 at 23:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。