2017年10月30日

寒暖差に気を付けよう!


朝晩の冷え込みが強くなってきていますが、
日中の日差しが強いとついつい寒さに対して油断しがちあせあせ(飛び散る汗)
家の中でも日光の当たらない場所はかなり冷えるので
注意しないとヒートショックを起こしてしまうかも(@_@;)左斜め下

【今夜は冷える!ヒートショックに注意】

『ヒートショック』とは、
温度の急激な変化で血圧が上がったり下がったり、
大きく変動することなどが原因で起こる、健康障害のことです。

温度の急激な変化というのは、
例えば「室温25℃の居間から、室温10℃のお風呂場に行き、
服を脱いで42℃のお湯に入る」という行動です。

このような行動によって、血圧の上がり下がりが短時間で起こると、
お風呂場でフラついたり意識を失って倒れたりした後に、
浴槽の中でおぼれる等で発見が遅れて命に関わることもあります。

実際に、家庭の浴槽で溺れて亡くなった方は
毎年5000人弱(※)で、その9割が高齢者です。

※)消費者庁の資料より。
浴槽内での溺死者数を表しているため、
病死等と判断されたものや、
浴槽外で倒れた急死者数は含まれていません。
入浴中の急死者数は交通事故死者数を有に超える規模です。


とのコト。

※↑のリンク元の記事には
ヒートショック対策についても書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。


トイレやお風呂は冷えるコトが多いので要注意exclamation×2
エアコンやホットカーペットがある部屋は
温かいから薄着でいる場合が多いけど、
暖房がついていない部屋や外は寒いので
そのまま移動すると身体がビックリしてしまうから
必ずフリース等を羽織るのを忘れずに(^_^;)

寒暖差に身体が負けてしまわないように
温度差対策をシッカリして
頑張りましょうひらめき




ギックリ腰や坐骨神経痛を治したいなら、
骨盤矯正の秦野カイロ治療院





posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする