2017年03月22日

全身の筋肉を使おう!


肉体といわれるだけあって
筋肉の働きは身体を動かすだけではなく、
健康を維持する為には必須の器官なのです左斜め下

【筋力低下は死に繋がる!老化防止に大事なのは筋肉だった】

筋肉は身体を動かす運動器という役割にとどまらず、
生きた器官として全身の臓器と密接に関わっています。

骨格筋として姿勢や動作を保つ役割は想像がつきますが、
消化管や血管など内臓の動きにも関与していることは
少し意外に思われるかもしれません。

体の中には発汗の際に働く汗線周囲の筋肉や、
視力を調節するレンズ周囲の筋肉など
小さな筋肉も含めると650種類もの筋肉があり、
その全てが連動して生命活動を支えています。

これら全ての筋肉には共通点があります。
それは、筋肉は神経を介して脳とつながっているということです。


とのコト。

※↑の記事のリンク先には
タンパク質の摂取や運動量の目安についても
わかりやすく丁寧に書かれているので
興味のある方は是非ご覧になって下さい。


筋肉は使わなければ、
ドンドン弱く衰えていきますがたらーっ(汗)
逆に使えば使う程、強くなるモノなので、
とにかく使うことが大事exclamation×2

そして出来れば全身の筋肉をまんべんなく使いたいモノ。
例えば、毎日ハードに仕事をしていても、
身体の動きがワンパターンだと、使う部分が偏ってしまい、
意外と使わない部分も多くあるので、
運動をする時には仕事ではしないような動きを
意識的に行ないたいですよねるんるん

そう考えると、やはり一番簡単なのは
ラジオ体操やストレッチなどの準備運動かな。
ウォーミングアップとクールダウンを
十分にすれば、身体中に動きをつけやすいです(^^)/

毎日の仕事で固まってしまった身体を
適度な運動で刺激を与えて緩めるように
頑張りましょうひらめき




背中の丸みを改善!
猫背解消、姿勢の歪みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院!






posted by 秦野の整体師 at 22:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする