2015年03月11日

糖化に負けるな!


過剰な糖は身体を焦がし、
老化を促進させてしまいマス左斜め下

【糖の取り過ぎは細胞を焦がす
 老化の真犯人は「糖化」】


糖化とは、体内のたんぱく質や脂質と
糖とが結びつき、変性すること。

「筋肉や血管などの人の体の大部分は、
たんぱく質からできています。

これを変質、老化させる犯人が糖質。

食事で糖を取り過ぎると、
エネルギー源として代謝されずに

たんぱく質と結合し、
老化が加速してしまうのです」

たんぱく質と糖質とが結合すると、
AGEs(終末糖化産物)という
褐色の老化物質ができる。

体内の「糖化現象」は、
まず血中で起こる。

糖を取り過ぎると、
血中に余分な糖が増え、

赤血球のたんぱく質・ヘモグロビンと結合し、
AGEsが発生する。

糖化したヘモグロビンは全身に
酸素を運ぶ役割を果たせなくなり、

体中の細胞が低酸素状態に陥って、
新陳代謝が低下していく。

《血中でヘモグロビンが
「糖化」すると… → 全身が老化する》

 ●肌がくすみ、弾力がなくなる
 ●血管が傷んでくる
 ●太りやすくなる
 ●動脈硬化が進む
 ●認知症になりやすくなる
 ●がんになりやすくなる

糖化を防ぐには、
食後血糖値を急上昇させない習慣が肝要。

野菜→タンパク質→主食の順に食べる
「ベジファースト」などを積極的に実践しよう。


とのコト。

記事中には糖化抑制作用のある食材や
健康茶なども取り上げられていますが、

一番大事なのは甘いモノと
炭水化物を摂り過ぎないコト。

いくら健康茶を飲んでも
この2つが守られない限り、
意味はありません(@_@;)

朝にパンを食べて
昼は麺類、その後
デザートという方は要注意exclamation×2

夜を待たずして糖の
摂りすぎの可能性アリですあせあせ(飛び散る汗)

CMでも美味しいモノは
脂肪と糖で出来ていると言っていますが、

そこに塩分を加えたのが
カレー、ラーメン、牛丼、

ハンバーガー、パスタ等の
肥満を促進する主食たらーっ(汗)

今日は食べ過ぎかなと
頭に不安がよぎった時には、

誘惑に負けないように
美味しい主食も化けの皮を剥がせば、

"脂"と"糖"と"塩"なんだというコトを
思い出すように心がけましょうひらめき



むち打ち、寝違い等の
首や背中の痛みでお悩みの方に
秦野カイロの骨盤矯正!






posted by 秦野の整体師 at 23:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする