2014年08月31日

子供は大事!!


子供達は国にとっての
宝物なのだから何よりも
大切にしなければなりませんexclamation×2

【子どもの貧困率改善には教育が必要なのに
 政府教育支出は国際平均以下】


子どもの貧困が深刻化している。

貧困は親から子へと連鎖することも多く、
貧困を断ち切るためには教育の在り方が問われる。

貧困層の子どもは経済的にも
進学を断念せざるをえず、

将来就く仕事も選択の幅が狭められ、
大人になってからも貧困から抜け出せないのだ。

経済協力開発機構(OECD)によると、

2010年の政府の教育支出は
国際平均が13%であるのに対し、
日本は平均以下の9%となっている。

また、学校教育を受けるに
あたっての私費負担の割合は、
OECD平均16%であるのに対し日本は30%だ。

OECD加盟34カ国のうち17カ国では
大学授業料を無償化しており、
給付制奨学金を導入しているのは32カ国にものぼる。

日本では10年にようやく
公立高等学校の授業料無償化が実現したが、

大学の学費に関しては依然手つかずで、
世界一高いとも言われている。

国の教育支出が少ない日本では、
教育費の負担が家計に重くのしかかる。

このたび発表された12年の貧困率は
16.3%で過去最悪を更新した。

子どもの貧困問題は年々深刻化しており、
今や6人に1人の割合だ。


とのコト。

国家が明るい未来を描くためには
まずは子供を大事にして、

道徳や健康、文化的なコトも含め
教育をシッカリしなければ
何も始まらないし傾くばかりバッド(下向き矢印)

家庭が貧しくなれば、
食事や生活も乱れるから、

子供の健康や精神的な状態も
悪化してしまい、社会に出る前から

肉体だけでなく精神的にも
病気になる可能性もあせあせ(飛び散る汗)

子供たちが豊かな未来を描ける
社会になるコトを願いマスexclamation×2



秦野市で骨盤矯正なら、
秦野カイロ治療院!



posted by 秦野の整体師 at 22:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする