2014年08月11日

原因はキウイじゃなくてカビ!?


自分は間違いなく、
キウイアレルギーなのですが、

検査をしていない場合は、
キウイアレルギーと思っていても

実はキウイアレルギーではない
可能性も出てきたそうデス左斜め下

【キウイアレルギー 実はカビが原因の可能性も】

小児のアレルギー性喘息の
アレルゲンとして多いもののひとつがカビ。

特に「Alt a 1」という、
カビを構成するタンパク質は、
カビアレルギーと深く関わっていると言われます。

この「Alt a 1」を持つカビは、
キウイフルーツについていても、

見た目には全く違いが見られないことが、
研究によって分かったのです。

その研究によると、
キウイフルーツをカビと接触させると、

感染後2週間ほどで防御タンパク質が
作られていることが分かりました。

そして、防御タンパク質が作られていても、
カビは存在し続けていました。

けれども、この変化は
全く目に見えない形だったのです。

これまでキウイフルーツが
アレルギーと考えられていた

小児のアレルギー喘息では、
本当のアレルゲンはカビである
可能性も出てきました。


とのコト。

病院で検査してみて
キウイアレルギーではなかった場合、

カビと接触していない
キウイだったら食べられるというコトグッド(上向き矢印)

美味しいだけじゃなく、
ビタミンCとビタミンE、

食物繊維にカリウムまで
豊富なキウイフルーツだけに

食べるコトが出来たら
嬉しいデスよねるんるん

最近では皮ごと食べるという方も
増えているキウイ(=゚ω゚=;)

実はキウイの皮には果肉の3倍もの
ポリフェノールが含まれているそうで、

ニュージーランドでは
皮ごと食べるのが常識という話exclamation&question

アレルギーの無い方は
新鮮な無農薬の国産物で
試してみるのもイイかも(^^♪

美味しく食べて
夏に負けないように頑張りましょうひらめき



秦野で骨盤矯正といえば
秦野カイロ治療院!


posted by 秦野の整体師 at 22:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする