2014年03月03日

サプリと薬の併用には要注意!!


健康食品と一括りにされてはいますが、
それぞれの効果や作用は様々で、

中には医薬品と同等の強〜い
作用のあるモノもあるそうなので、

すぐに命にかかわるような
病気の治療薬を服用している方は、
何の安全確認もしないで、

薬と健康食品の併用するコトは
極力避けるべきデス左斜め下

【サプリが「薬の効き」を弱める!?】

約200品目を対象に、薬物代謝酵素への
影響について調べたところ、

約4割の健康食品で、人がのんだ薬を
代謝するときに働く主な酵素、
CYP3A4とCYP1A1の作用を促進することが分かった。

「薬を代謝する酵素の働きが促進されるということは、
薬が十分に効果を発揮する前に解毒されてしまうということ」

つまり、必要な薬の効果を弱めるというわけだ。

今回の調査で、フォルスコリンなどを配合した
ダイエットサプリやウコン、ガジュツなどの

ハーブ成分などにも、酵素を促進する医薬品と同等の
強い作用があることが確認された。

ただし、同じ成分を配合したサプリでも、
製品により酵素促進作用にはばらつきがあるという。

こんな薬を使っている人は健康食品との併用に注意!

・抗HIV薬        ・抗うつ薬
・強心薬        ・降圧薬
・免疫抑制薬      ・抗てんかん薬
・気管支拡張薬     ・抗不整脈薬
・血液凝固防止薬    ・経口避妊薬 など


とのコト。

フォルスコリンやウコン、
ガジュツ(紫ウコン)、グルコサミンなど、

普段から聞きなれた成分が
記載されているので、
利用されている方も多いかと。

命にかかわる薬を服用している方の
割合は年配の方がより多い訳で、

その年配の方達は、
コマーシャルなどで商品に興味を持つと、

「TVで宣伝しているんだから安全だろう」
と思い込んで安心してしまい、

副作用などを意識しないで
薬と併用してしまう方が多そうたらーっ(汗)

身の周りに命にかかわるような
病気の治療薬を服用している方がいたり、

年配のご家族がいる方は健康食品と薬を
併用してしまわないように気を付けましょうひらめき



秦野市の骨盤矯正。
産後の整体もお任せ下さい!



posted by 秦野の整体師 at 23:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする