2014年03月28日

筋力と習慣と骨盤と


良い姿勢を保つためには
骨盤の状態を整えるコトが必須デス左斜め下

【骨盤に関する調査、若い世代に多い
 「うつぶせ寝」「頬杖」「O脚」……】


「お尻の状態」を尋ねたところ、
35歳未満では40%以上が、

20歳未満では49.6%と約半数の人が
「出っ尻・反り腰」であることがわかった。

55歳以上で16.5%、60歳以上では1割以下だった。

若い人ほど「出っ尻・反り腰」を
傾向としてもつ「骨盤前傾」、

年を重ねるほど「扁平尻」を
傾向としてもつ「骨盤後傾」だった。

各種の動作習慣を調べたところ、
若い世代ほど、骨盤の状態に

悪影響を与える動作習慣
(うつぶせ寝、あひる座り、頬杖)や、

歩きの不均等から引き起こされる
状態(O脚など)が高い割合で見られた。

とくにO脚であると答えた人は、
34歳以下では半数以上、20歳未満では53.4%もいた。


とのコト。

年配の方の筋力と柔軟性の
低下による骨盤の歪みと、

若い方の生活習慣の悪化と
不良姿勢による骨盤の歪みは、

別々のようだけど、
最近では若くても筋力が

極端に低下していたりするので、
混合型が多いデスよねあせあせ(飛び散る汗)

どちらにも共通しているのは
歩く時間が減り、座る時間が
増えているというコト。

整体の施術による骨盤の
歪みや可動域の改善をキッカケに
体操や散歩などを始めれば、

より良い状態に
骨盤を保つコトが出来マスるんるん

頑張りましょうひらめき


秦野市の整体院。
産後の骨盤矯正もお任せ下さい!




posted by 秦野の整体師 at 22:48| 神奈川 | Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

400年前から悩んでる!?


直立二足歩行に骨盤と足のアーチは欠かせません左斜め下

【男と女の関係を変えた「直立姿勢」】

「400万年ほど前、骨盤と足の骨格が
現代人とほぼ同じ形になった時点から、
人類は直立二足歩行動物になったのです」

人間の骨盤は、おわんのような形が特徴的だ。
このおわんが、直立した胴体の一番底で、
腸などの内臓の重さをしっかり支える。

「これは人間特有の形。人間と近縁の類人猿、
例えばチンパンジーでも、骨盤の形は
むしろ四足歩行の動物に近いですね」。

チンパンジーの骨盤は、平べったい板状。
背骨の両側に2枚の板状の骨を並べたような形だ。

人類の祖先の骨盤がおわん状になったのは、
今から600〜700万年ほど前と推測されている。

これで、内臓の重さを支えると同時に、
骨盤上部(「腰骨」にあたる部分)が広がって
お尻の筋肉が大きく発達し、直立姿勢が安定したといわれている。

足のアーチは、平らな地面を効率よく歩くのに適した骨格。
400万年ほど前、気候の変動によって

人類の祖先はサバンナのような
平原で暮らすようになり、足もアーチ型になった。



直立二足歩行は重心のバランスをとる為に
余計なエネルギーを必要とすることから、
燃費の面だけ考えると効率は悪いそうですが(^_^;)

その代償として、手が自由になるだけでなく、
胴体の真上に頭部が位置する事になり、
重い頭を支える事が出来る構造にグッド(上向き矢印)

その結果、脳の容積も増え、
高い知能を得る事となったというのは有名な話。

ですが、同時に腰痛や膝関節痛、
肩こりや首の痛みの問題も抱えた訳です。

なので直立二足歩行の為に
骨盤のおわん構造と足のアーチが必要な様に、

腰痛や膝関節痛、肩こりや首の痛みの改善の為にも
骨盤のおわん構造と足のアーチの改善が必要exclamation

だから肩こりや首の痛み、五十肩などの
上半身の問題でも骨盤矯正や足関節の矯正は
欠かせない施術となります。

もちろん、ギックリ腰や
変形性膝関節症にも必要不可欠exclamation×2

肝心要の骨盤と
体重を支える為の足のアーチは、

健康を保つためにも
常にベストコンディションをひらめき


秦野市の整体院。骨盤矯正、肩こり、腰痛、ギックリ腰
タグ:骨盤矯正
posted by 秦野の整体師 at 22:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

妊娠中・産後の骨盤矯正


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

今日のテーマは「妊娠中・産後の骨盤矯正」です。

妊娠すると、出産に向けてホルモンが分泌されて
骨盤を固定する靭帯が緩み、骨盤はとても不安定な状態になります。
骨盤周辺の筋肉や筋膜は、不安定になった骨盤を、緊張して支えようとします。

しかし、骨盤のバランスが悪い状態で妊娠すると、
歪んだ骨盤がさらに不安定になるため、
骨盤が歪んだり、ねじれたりするのを、
筋肉や筋膜は支えきれません。

それらのことから、筋肉や筋膜が痙攣や炎症したり
靭帯、仙腸関節、恥骨結合などで炎症を起こしたりするため

背部痛や腰痛、股関節や恥骨部に痛みが出ます。

この痛みは、骨盤矯正により骨盤の歪みを改善したり、
骨盤を補助するためのベルトをすることで
解消していきますし、

また首や肩が痛んだり、寝違えなどの場合でも
骨盤矯正と、首の軽い矯正を組み合わせることで解消します。

また、
妊娠中、産後の骨盤矯正に一番大事なのは、
仙腸関節と恥骨結合の歪みの改善と安定です。

妊娠中、産後の骨盤は靭帯が緩みグラグラになっているため、
骨盤の歪みを改善しながら
仙腸関節と恥骨結合を安定させる骨盤矯正が必要で、

特に産後の骨盤矯正では
「骨盤を固定する為の靭帯が
締まる環境にする事」がとても重要です。

この仙腸関節を安定させるための骨盤矯正は、
仙腸関節と恥骨結合を安定させるものでなければならず、

骨盤を押したり、ねじったりするだけの
骨盤矯正法では仙腸関節と恥骨結合は安定せず、
骨盤も安定しません。

押したり、ねじったりするタイプの骨盤矯正は、
妊娠中、産後にはあまり向きません。

僕は、

妊娠中はまず、「歪みの改善のための骨盤矯正」を、

産後は、「骨盤周辺の靭帯が締まる環境にするための
骨盤矯正」をします。

妊娠中または産後で腰痛や首の痛みなどがある方は
整体やカイロプラクティックまたは骨盤矯正で
痛みが解消されることが多いです。

この時、僕の骨盤矯正の施術で中心になるのは
ブロックと呼ばれる三角形のクッションを使用した施術法です。
sot.jpg
とてもソフトな骨盤矯正法なので
妊娠中でも安心しておこなえます。
お早めにご相談下さい。




秦野市渋沢のぎっくり腰・腰痛・骨盤矯正の秦野カイロ治療院




posted by 秦野の整体師 at 23:58| Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

骨盤矯正


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

今日のテーマは「骨盤矯正」

僕の整体とカイロプラクティックによる
「骨盤矯正」は
大きく分けて2つ

・骨盤の様々な歪みを矯正するものと
・骨盤の様々な歪みを安定させるものです。

前者は骨盤が硬く捻じれて、
腰全体の動きが固まってしまったものを
骨盤矯正をすることにより
腰全体の動きを回復するものです。


後者はグラグラの骨盤を守るために
硬くなってしまった
筋肉や靭帯の緊張を
骨盤矯正をすることにより
腰部と骨盤を安定させて
リラックスさせるものです。

どちらも同じように歪んで見えるのですが
前者は硬く、後者はグラグラと
実はまるで逆の症状なのです。

当然、施術方法もまるで違います。

的確な整体での骨盤矯正が
リラックスを呼びます。
身体はしっかり答えてくれます。

バランスのとれた中心軸は
安定した骨盤からです。







秦野市渋沢の整体・カイロプラクティックの秦野カイロ治療院




タグ:骨盤矯正
posted by 秦野の整体師 at 23:22| Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする