2015年04月28日

手術の前に良く考えよう!


どんな病気にもいえるコトですが、
それぞれの症状に対して、

アプローチの仕方が1つでは無く、
特に選択肢の中に手術が入っている場合、

何が最良の選択なのか?

というコトをシッカリ調べて、
よ〜く考えてから判断するべきデス左斜め下

【脊柱管狭窄症、あっても手術しなくてもよい?
 腰痛への効果は理学療法と比べて変わらず】


脊柱管狭窄症の人の背骨では、
縦に通る脊柱管内の空間が狭くなり、

通る神経が圧迫されて痛みを起こしている。

脊柱管狭窄症の痛みを
取るための方法として、

外科的減圧術という圧迫を除く手術の
有効性についてはこれまで検証されてきた。

手術以外の治療の有効性については
見方が固まっていなかった。

研究グループは、
脊柱管狭窄症の2つの治療である手術と

理学療法によるリハビリとの間で効果を比べた。
男女差についても調べた。

対象としたのは、脊柱管狭窄症を患う人のうち
手術に同意した50歳以上の169人。

対象者をランダムに手術を受ける87人と
理学療法を受ける82人に分けた。

24カ月の追跡調査をして、
手術グループは74人、

理学療法グループは73人について
治療効果を最後まで確認できた。

平均的な改善率は手術グループと
理学療法グループとの間で

統計学的に意味のある差はなかった。

理学療法から手術に切り替える人が
57%に上っていたので、

その影響も含めて治療効果を検証。

手術をしたからといって
症状が軽くなるという結果には
つながっていなかった。


とのコト。

腰痛に対する手段として
手術を選択した方は、

当然、痛みが改善されるコトを
信じて手術を受ける訳ですが、

下肢の麻痺やシビレならともかく、
腰痛に対しての手術というのは

思ったような結果が得られない
方がかなり割合でいると思いマスたらーっ(汗)

何故なら腰痛の原因が
違う所にあるコトが
かなりの割合であるから。

油汗が止まらず、
生命の危険を感じるような
腰痛は別として、

ある程度、動くことが出来て
モノを考える余裕がある腰痛に対しては、

基本的に手術以外の
アプローチを選ぶべきexclamation×2

良く考えてから
判断しましょうひらめき




秦野の整体院。
ギックリ腰なら
骨盤矯正の秦野カイロ!



posted by 秦野の整体師 at 23:59| 神奈川 | Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

育児中の腰痛、背部痛に要注意!


育児中にギックリ腰になってしまうと、
どんなに痛くても休むコトも出来ず、

かといって育児をシッカリと
こなすことも出来ない為、
赤ちゃんも泣くばかりもうやだ〜(悲しい顔)

特に一人で頑張っているママさんは
普段から腰や背中を痛めないように
気を付けたいデスよね左斜め下

【育児ママ必見!「ぎっくり腰」に
 なっちゃう子育て中のNG動作5つ】


■1:おむつを交換する時床に
   寝かせて覗きこむようにして交換する

床に子どもを寝かせて
のぞきこむような姿勢を取ると、
腰の負担が大きくなります。

おむつの交換はテーブルの上で行うか、
床で行う場合でも、お尻を床に下ろし、

両足を開いて投げ出すような格好を取ると、
腰の負担が軽減するそうです。

■2:背もたれのない場所で授乳をする

授乳は子どもを抱いて前かがみの姿勢になるので、
腰と背中に負担がかかります。

背もたれのある椅子や、
ソファに寄り掛かりながら授乳を行ってください。

■3:ぬれては困る服で沐浴を行う

沐浴は中腰や前かがみで
子どもを抱える必要があるので、
腰と背中に過度の負担がかかります。

沐浴させる際はぬれてもいい服装で、
湯船やベビーバスに密着するくらいの
体勢で行ってください。

また、できればテーブルの上などに
ベビーバスを乗せ、足を開き
背筋を伸ばしたままで行うといいそうです。

■4:シートが低かったり重たいベビーカーを使っている

なるべくシート位置が高い
ベビーカーを利用した方がいいようです。

また、過度に重たいベビーカーを押すだけでも、
腰に負担をかけてしまいます。

悪路や坂道も腰や背中に負担がかかるので、
なるべく平らな道を選んで走行し、

車輪もスムーズに動くように
メンテナンスを忘れないでください。

■5:前かがみで子どもを抱き上げる

子どもを抱き上げる場合は、
深くしゃがんで子どもを抱き寄せてから、
背筋を伸ばしたまま立ち上がってください。

無理な姿勢で抱き上げたり、
前かがみで抱き上げたりすると
腰や背中の負担が蓄積していきます。

ある日、突然ぎっくり腰、
ぎっくり背中になるかもしれません。
十分に注意してください。


とのコト。

普段から頑張っているママさん程、
腰を痛めやすいモノたらーっ(汗)

お母さんの健康は
赤ちゃんの健康にも影響するから、

出来るだけ良い状態を保ちたいけど、
なかなか休みが取れないという方は
とても多いデスよねあせあせ(飛び散る汗)

当院では小さなお子さんの場合、
お気に入りのオモチャや本などを、

乳児の場合はベビーカーや
クーハンなどを持ち込んでいただければ、
同室にて施術OKデスるんるん

腰痛でお悩みのママさんは
まずは電話にてご相談下さいねひらめき



産後の整体、骨盤矯正なら
秦野カイロ治療院にお任せ下さい!



posted by 秦野の整体師 at 23:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

手術してもしなくても結果は同じ!?('jjj')/


やっと来た!という感じの研究結果左斜め下

【椎間板ヘルニアのMRI所見は転帰との相関は無し】

椎間板ヘルニア治療1年後の所見では、
坐骨神経痛の転帰と関係しないということがわかった。

今回の研究では、登録した患者283人を対象に分析を行った。
これらの患者は1年後にMRI検査を受けている。

そのためMRI画像上の椎間板ヘルニアを評価した。
このMRI検査を受けていたのは267人で、

そのうちの131人が外科手術群、そして
136人が保存的治療群に分けられている。

また保存的治療群の内の54人が1年以内に手術を受けていた。

割り付け治療で調整したヘルニア患者について、

ヘルニアのない患者と比較した
1年後の転帰良好のオッズ比を求めた結果、

0.82(0.40-1.71、P=0.60)となり、あまり差はなかった。

坐骨神経痛を有して椎間板ヘルニアの治療を受けた患者の
1年時のMRI画像では、識別することができなかった。



この記事だと、抜け落ちている所が多くて
分かりにくいのですが、大事なポイントは3つ。

●保存的治療に比べて外科手術を受けた患者の方が
症状軽減が早いものの、1年時の転帰には差がなかった。

●割り付け治療で調整したヘルニア患者について、
ヘルニアのない患者と比較した1年後の転帰良好の
オッズ比を求めた結果、あまり差はなかった。

●坐骨神経痛を有し、椎間板ヘルニアの
治療を受けた患者における1年時のMRI画像では、
転帰良好と不良を識別することができなかった。


ぶっちゃけ、外科手術は症状が軽くなるのは早いけど、
1年後の症状は保存療法と変わらず、

坐骨神経痛はヘルニアが有ろうと無かろうと
一年後の症状に差はあまり無く、

坐骨神経痛の症状が良くなったか?悪くなったかは?
一年後のMRI画像を見ただけでは判断できなかったexclamation

ということ。

これでやっと
ヘルニア=坐骨神経痛の呪縛が解けマスグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

やったネ!(^^)!ひらめき


秦野市の整体院、骨盤矯正・腰痛・ぎっくり腰

posted by 秦野の整体師 at 21:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

ギックリ腰が増えています

こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

最近、冷えるせいか
ギックリ腰になる方が急増していますあせあせ(飛び散る汗)

慣れない肉体労働や長時間のデスクワークで
疲労がたまったままにしておくと、

筋肉は緊張が増し血流が滞る為、
硬くこった状態になります。

冷えが入れば更にこりやすくなります。

「最近、疲れが抜けない」
「身体が重く感じる」等の症状を感じたら、

まずは予防のために
肉体的にも精神的にもリラックスする事が大事exclamation

痛みが出る前に
睡眠や入浴、ストレッチなどをおすすめしますいい気分(温泉)

それでも疲労感が改善しない方は
身体の歪みが大きく影響している場合がありますので、

心当たりのある方はお電話にてご相談下さいひらめき



秦野市渋沢の整体.肩こり.腰痛.ぎっくり腰.骨盤矯正の秦野カイロ治療院



posted by 秦野の整体師 at 14:44| 神奈川 ☔| Comment(2) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

慢性腰痛症


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

今日のテーマは「慢性腰痛症」です。

腰痛をネットで検索すると

{日本は腰痛が有訴率第一位(もっとも多い症状)であり、
日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験している腰痛大国である。
しかし多くの人々は腰痛を訴えているが、
画像診断に異常が見られない患者は疾患として認めらず健常者という扱いとなる。
病院では医学とはあまり関わりのない
一般的な説明や医師独自の解釈による説明などがなされるものの、
実際には腰痛患者の8割は原因が特定されていなく、
多くの患者はそのまま放置されているのが実態である。}
(腰痛 - Wikipediaより抜粋)

腰痛大国って、なんかスゴイ!
でも嬉しくないです。

ところで
腰痛の原因には、筋肉や筋膜・椎間関節・椎間板の影響が考えられ、
それぞれの原因により病名もあります。
例えば

■筋肉や筋膜の炎症・緊張が原因の腰痛⇒「筋筋膜性腰痛」

■椎間関節が原因の腰痛⇒「椎間関節性腰痛」

■椎間板が原因の腰痛⇒「椎間板ヘルニア」

■椎間板・関節の変性が原因の腰痛⇒「変形性腰椎症」

■腰椎の後方部分が分離または前に滑る事が原因の腰痛⇒「腰椎分離症・すべり症」

■脊柱管が狭くなり、神経の圧迫が原因の腰痛⇒「腰部脊柱管狭窄症」

とありますが、

今日はこれらに分類されない
慢性腰痛症についてのお話です。

慢性腰痛症の始まりは
ストレスやぎっくり腰が原因の時もありますが

とても多いのは、

長い時間パソコンの前でじっと座り続けたり、
長時間座り続けるデスクワークなどにより、
腰を支えるための筋肉が、
同じ姿勢を維持することにより疲労し、
緊張して硬くなるため、筋肉中の血流も悪くなり、
さらに疲労。
悪循環から腰痛になり
座り続けることでまたさらに腰痛になる⇒慢性腰痛症

というパターンです。

慢性腰痛は、
レントゲンやMRIでは異常が見られないことが特徴で、
(腰椎椎間板ヘルニア 腰椎分離症・すべり症
ぎっくり腰 変形性腰椎症 椎間関節性腰痛症)などの
ハッキリした病名が付かないことが多いです。

そのため「健常者」扱いされて、
周囲の人に痛みを理解されないことや
自分が原因不明の腰痛であることが
ストレスや不安となり
さらに腰痛が悪化する悪循環になりやすいのです。
(ストレスや不安は、腹部の緊張や
血行不良を起こすため腰痛悪化の原因となります。)

慢性腰痛症には
筋肉や筋膜の慢性のコリや痙攣の改善ともに
ストレスや不安の改善も重要です。

だから僕は整体施術をする時、
患者さんが出来るだけ
リラックスできるように心がけています。

腰痛が一ヵ月二ヵ月と続いている方は
お早めにご相談下さい。






秦野市渋沢のぎっくり腰・腰痛・骨盤矯正の秦野カイロ治療院



タグ:腰痛
posted by 秦野の整体師 at 22:51| Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

腰痛とコルセット


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

今日のテーマは腰痛とコルセット

基本的に僕はコルセットの使用は
あまりお勧めしないにですが、

腰痛でも働かなければいけない方や
「どうしても使用したい」という方には
いつも次のように説明しています。

コルセットは痛みが強く急性に時期には、
使用しても構わないのですが
(体重や体の動きを支えるために必要)

腰痛が緩和してきたら、
労働する時以外は使わないようにします。
痛みを感じなくなったら労働中も使いません。

腰痛が無くなっても不安であったり、
労働が激しい方はコルセットではなく、
骨盤ベルトを使用して下さい。

2週間以上のコルセットの使用はお勧めしません。

天然のコルセットである
腹筋群や背筋群が弱くなってしまうからです。






秦野市渋沢の整体・カイロプラクティックの秦野カイロ治療院


タグ:腰痛
posted by 秦野の整体師 at 23:58| Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

骨盤と腰痛


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

今回の腰痛のテーマは、骨盤と腰痛。

仮に椎間板のコンディションが、良くても
骨盤に問題があると腰痛になります。

骨盤が原因の腰痛の種類は
大きく分けて、

・仙腸関節に炎症は無いが筋肉の疲労や緊張のため、
 骨盤が歪んでいるため、腰痛になる。

・仙腸関節に炎症があり骨盤が不安定なため、
 骨盤が歪んでいるため、腰痛になる。


この2つです。

前者と後者は同じ歪みからくる腰痛ですが、
全く違います。

前者は筋肉や筋膜のアンバランスな緊張や疲労から
骨盤が歪んだままになり、
筋肉が硬くなり、腰痛が発生します。

・施術は歪みを補正するために、動きをつけ、
 硬くなった筋肉を柔らかくするものになります。


後者は不安定で歪んだ骨盤を安定させるため、
筋肉や筋膜が緊張したままになり、腰痛が発生します。
(仙腸関節はゆるくガタガタ、筋肉は緊張したまま)

・施術は仙腸関節を安定させて、緊張したままの筋肉を
 リラックスさせるものになります。


で、僕が何を言いたいかというと、
筋肉が「硬い」と「緊張したまま」は別物だということ。
「硬い」はマッサージや指圧などで改善しますが、
「緊張したまま」の筋肉には通用しません。

筋肉が「緊張したまま」になる原因は仙腸関節の不安定にあります。

仙腸関節を防御するために「緊張したまま」に、なっているので
仙腸関節を固定もしくは、安定させない限り改善しないのです。
(防御反応なので、ほぐしてもすぐ緊張する。)

よく、腰痛の方が鍼やマッサージで、
施術を受けた直後は楽になるんだけど、
家に帰ると元に戻ってしまうのは、
大抵、これが原因です。

(僕が、鍼灸、あん摩、マッサージ師の資格があるのに
独自の施術にこだわるのは、この辺に原因があります。)


今回のテーマは、骨盤と腰痛だったのですが
少し、ズレてしまいました。

まとめると、関節や筋肉を
ほぐしたり、緩めるだけが施術ではなく、
安定させること、
もしくはそれこそが、

渋沢の整体師である僕の
とても大事にしていることです。




秦野市渋沢の整体・カイロプラクティックの秦野カイロ治療院




タグ:腰痛 骨盤
posted by 秦野の整体師 at 01:46| Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

腰痛の施術1


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

今回は腰痛。

腰痛の施術は大きく分けると
椎間部にアプローチするものと、
骨盤にアプローチするものがありますが、

まず、椎間板症状。
特徴はとにかく前屈後屈が出来ない。
場合によっては側屈も。
とにかく腰が動かせないのが椎間板症状。

椎間板は除圧。とにかく除圧。
除圧ができれば、どんなテクニックでもOK。
ただし、出来るだけ楽な姿勢で出来るものが理想です。
(ぎっくり腰や酷い腰痛の方は姿勢を変える事が出来ません)

だから僕はぎっくり腰や腰痛で
椎間板症状がハッキリしている場合、
施術時の患者さんの姿勢はまずは座位。

座位で施術して除圧してから
うつ伏せや仰向けで施術します。

コツは患者さんにリラックスしてもらう事。
だから、痛む姿勢を出来るだけさせずに
施術することが大事です。

椎間板症状に対する的確な施術の効果は劇的です!

患者さんが帰りに笑顔で
スタスタ歩いて帰る姿を見る事が出来ます。
職人として、一番うれしい瞬間です。







秦野市渋沢の整体・カイロプラクティックの秦野カイロ治療院
タグ:腰痛
posted by 秦野の整体師 at 00:49| Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

ぎっくり腰と施術


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。


今日のテーマは「ぎっくり腰と施術」

なぜ、「ぎっくり腰」に施術が効果があるのか?

ぎっくり腰は、筋肉の緊張から始まっているので、
炎症がおさまっても腰部の強張りは残ったままです。

緊張のため仙腸関節が炎症を起こし、
不安定になるため骨盤部は歪んだ状態のままになるため、
骨盤矯正も必要です。

腰椎もバランスを崩し、筋肉の緊張のため動きが硬くなり
椎間部も圧縮された状態になっていることが多いです。


当院のぎっくり腰に対する施術はまず、椎間部の除圧。

この時、ぎっくり腰による痛みからくる
腰部周辺の筋肉の緊張もチェックします。

それから仙腸関節の歪みのタイプを確認した後、

非常にソフトな骨盤矯正により、
ぎっくり腰の為、不安定になった骨盤を安定させて
腰部周辺の筋肉をリラックスした状態にします。

これだけで大抵の方は動けるようになります。
後は炎症がおさまればOK。
アイシングも大事です。

ぎっくり腰になりやすい方は長時間同じ姿勢を続ける仕事や、
一日の大半を座って過ごす方が多いです。

普段、座ってばかりの方が、
草むしりや畑仕事をして「ぎっくり腰!」というパターンが非常に多いです。
お気を付け下さい。


秦野市渋沢のぎっくり腰・腰痛・骨盤矯正の秦野カイロ治療院


タグ:ぎっくり腰
posted by 秦野の整体師 at 20:47| Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

ぎっくり腰のまとめ


こんにちは、
秦野市渋沢駅南口の整体師
秦野カイロ治療院の市野貴則です。

突然ですが、
ぎっくり腰は痛いです。

すっごく痛くて日常生活の何気ないことが、
(靴下を履いたり、ズボンを履く等)が出来なかったりします。
私も経験ありますが、腰の激痛だけでなく、
介護なしで何も出来ないことが情けなくて
「精神的に痛かった」のを覚えています。

この「ぎっくり腰」は「草むしりをしていたら」「荷物を持ち上げたら」など
動作の瞬間に発症することが多く、
突然、激しく痛みだすため、予防しづらいのが困りものです。

痛みの原因は、腰部周辺の筋肉、筋膜、靭帯が炎症を起こしたもので、
「ぎっくり腰は症状としては『腰の捻挫』です」なんて、私は説明することもあるのですが、
これは患者さんに分かり易く伝えるためであって、正確には違います。

まず、捻挫とぎっくり腰の違いを明確にしたいと思います。
「捻挫」は読んで字の如く「捻って(ひねって)挫傷(ざしょう)」するものをいいます。
(皮膚が傷つかないで内部の筋肉や靭帯が傷つくものを挫傷といいます。)
つまり、関節の正常可動域以上に捻って痛めたものを「捻挫」という訳です。

これに対して、「ぎっくり腰」は正常可動域内で発症するので、
正確には「腰の挫傷」です。
捻っている訳でもないのに何故、挫傷するのか?
それはまず腰の筋肉が、長時間同じ姿勢を続ける、
例えばパソコン、デスクワークや草むしり等の
労働で、腰に負担がかかり、固く緊張状態になる事から始まります。

さらに負担がかかり続けると、
筋肉は疲労の為、バネの利かない状態になってきます。
この「バネの利かない疲労した緊張状態の筋肉」に
動作の変化や刺激(重い物を持ち上げる等)が加わると、
筋肉が痛みを伴って持続的に収縮する発作を起こします。
この収縮発作により筋線維は損傷し、
周辺の筋膜、靭帯も急な収縮に耐え切れず損傷するため炎症を起こしてしまいます。
(古い輪ゴムがすぐに千切れてしまうのと似てる)
これが「ぎっくり腰」です。

炎症しているので当然、
揉みほぐしたりマッサージしたりすると炎症が増し、悪化します。
ぎっくり腰になってしまったら、
とにかくまずは「固定と冷却!」
で、自力でトイレに行けるようなレベルになったら施術。
(自力で歩けるなら施術は当日でもOK。)

ぎっくり腰でお悩みの方や、ご家族がぎっくり腰になってしまい
何をどうしたら良いのか分からない方は
お電話にてご相談下さいひらめき


小田急線渋沢駅南口から徒歩1分。
秦野市渋沢の整体・カイロプラクティック■秦野カイロ治療院■

タグ:ぎっくり腰
posted by 秦野の整体師 at 17:03| Comment(0) | ぎっくり腰、腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする