2019年10月11日

大腰筋を鍛えて内臓脂肪を減らそう!


日中、急に我慢できない程の尿意をもよおしたり、
睡眠中に尿意で目が覚めてしまう症状などは、
大腰筋を鍛えて内臓脂肪を減らせば軽減されるかも!?左斜め下

【内臓脂肪が多い人は頻尿に注意!】

これまで、内臓脂肪や大腰筋(股関節にある内部筋肉)の量と
下部尿路症状(LUTS:尿をためたり、排出することがスムーズに
できない症状)の有無やその重症度との関係を明らかにした研究はない。

長崎大学病院泌尿器科・腎移植外科の大坪亜紗斗氏は、
同院で腹部CT検査を行った女性を対象に
内臓脂肪や大腰筋の量とLUTSとの関係を検討。

内臓脂肪が蓄積することが過活動膀胱(OAB)の症状
〔日中・夜間の頻尿、急に我慢できない尿意をもよおす
(尿意切迫感)、尿を漏らしてしまう(尿失禁)など〕と、
大腰筋量の低下は尿の出が悪くなること(尿勢低下)と
関連していたと第26回日本排尿機能学会(9月12〜14日)で報告した。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
研究について詳細に説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



大腰筋をすご〜く大雑把に説明すると、
腰椎から骨盤の前側を通り大腿骨へつながる筋肉で
体幹を安定させ身体のバランスを維持する働きがあります。

なので大腰筋がしっかり鍛えられていると
電車内などで急な揺れによりバランスを崩しても
体幹が安定しているので踏ん張りやすく転びにくくなるし、

かなり大きな筋肉なので大腰筋を鍛えれば
内臓脂肪の燃焼も効果的におこなえるかと。

負荷の軽いメニューだとウォーキングや
椅子に座った状態でのもも上げ。

少し負荷を上げるならジョギングや
階段を1段飛ばしで上がったり、
仰向けになっての自転車こぎ運動や、
立った状態でのもも上げなどがおすすめ。

どの運動もコツは背中を丸めずに
姿勢を正してやること。

自分の体力に合わせて
適度な運動をおこなうように
頑張りましょうひらめき




ストレートネック、巻き肩、猫背を解消
姿勢改善なら骨盤矯正の秦野カイロプラクティック







posted by 秦野の整体師 at 23:09| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

少し早起きして運動してみよう


朝晩はだいぶ涼しくなってきましたが、
日中はかなり気温が上がることがまだ多く、

気温の変化に身体をついて行かせるのが
大変な日々が続いていますが、

そんな秋だからこそ、
少し早起きして運動するべきかも左斜め下

【鍼灸師が教える運動の秋の心構え。
 朝夕の涼しい時間の有効活用を】


夏バテして、ひきつづき秋バテしやすい秋口は、
涼しい時間帯に多少肌寒く感じる中で、
積極的に運動したら良いです。

空気が温かいと、低体温状態のカラダでは、
なかなか代謝が高まりません。

いっそ肌寒く感じる方が、
毛穴をしっかりひきしめて、
体温を高めるようにカラダは工夫して
運動し始めることができます。

多少肌寒い、というだけで、
秋口の運動は準備運動が半分ですむので、
カラダが運動に慣れていないようなら、
ぜひ、涼しい時間に運動するようにしてみましょう。

風邪ひきだけは、ご注意ください。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
運動の秋の心構えについて説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



最近、関節の調子がすこぶる良いので、
筋トレの負荷を徐々に上げてきているのですが、
低血圧気味の自分の場合は身体を温める為にも、
早朝に運動をした方が良いのかも。

特に最近は年齢のせいか意識しなくても
何故か早朝に勝手に目が覚めてしまうので
あまり無理なく日課に出来そうだし(笑)

張り切り過ぎて関節を痛めるような
失敗してしまわないように気をつけながら
軽い運動から始めてみなくてはexclamation×2
頑張るぞ〜ひらめき




むち打ち、寝違え、ストレートネックなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院がおすすめ



ラベル:運動
posted by 秦野の整体師 at 23:37| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

良く噛んで脳で美味しさを感じよう


秋といえば食べ物がとても美味しい季節ですが、
美味しさをより感じる為には良く噛み秘める
必要がありますよね左斜め下

【「よく噛むだけで痩せる」は本当?
  ダイエット成功のための食べ方】


噛むことをまとめた有名なフレーズとして、
「ヒミコノハガイーゼ(卑弥呼の歯がいいぜ)」
というものがあります。

ヒ:肥満防止

ミ:味覚の発達……噛むことで味が分かるようになる

コ:言葉の発達……口の周りの筋肉をよく使うため、
  あごの周りがきれいになり発音もよくなる

ノ:脳の発達……脳への血流量が増えて頭がよくなる

ハ:歯の病気予防……噛むことで唾液が分泌されて、
  口腔内や歯を洗浄できる

ガ:ガンの予防……唾液に含まれるペルオキシダーゼに
  がん予防に効果があることが知られている

イー:胃腸快調……消化を助け、食べすぎを防ぐ。
   胃腸の働きもよくなる

ゼ:全力投球……体の調子がよくなるので、
  何事にも前向きになれる


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
ダイエットのアドバイスも書かれていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



急いでいるとついつい早食いになりがちですが、
健康の為には良く噛むように心掛けるのが大切。

自分は何を食べているのかということを
味覚だけでなく、嗅覚視覚も良く使って
口の中で噛みしめながらイメージするべき。

何を食べているのか考えもしないで
口の中にかき込むだけというのは、
食べ物に対して失礼ですよね。

食べ物に対しての感謝の気持ちを忘れずに
シッカリ良く噛んで食事をするように
心掛けましょうひらめき


むち打ち、ストレートネック、
首や肩の痛みの解消におすすめ
骨盤矯正の秦野カイロプラクティック




posted by 秦野の整体師 at 23:57| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

ソファではなくベットで眠ろう!


仕事が忙しく、あまりに疲れていて
ソファでちょっと横になったつもりが
気がついたら朝だったたらーっ(汗)という眠りは、
深い睡眠がとれていないことが多いので、
疲れていても少し頑張って睡眠環境の整った
寝室で眠るようにしたいですね左斜め下

【"バタンキューで寝落ち"は深睡眠できていない】

「すぐ眠れる」「睡眠時間は十分」という人の中にも、
「隠れ不眠」は存在します。

「昼食後に必ず眠くなる」「電車で席に座ると居眠りしてしまう」
「毎晩ベッドに入るとバタンキューで寝てしまう」などの人は、
十分な深睡眠が取れていない可能性が高いでしょう。

「バタンキューで寝る」というのは、
ソファでの寝落ちに近いと思いますが、
実は気絶に近い状態で脳がシャットダウンしているだけ。

「寝入りがいい=よく眠れている」というわけではないのです。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
深睡眠とその効果について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



たまに耳にするのが音がしていないと不安、
明るくないと眠れないといった理由で、
テレビをつけたままソファで眠るという話(ーー;)

おそらく睡眠環境としては最悪だろうし、
深睡眠がとれているとは思えないので
絶対にやめた方が良いかと。

充実した睡眠の為には静けさや暗さは
必須なので寝室で落ち着いて眠るべき眠い(睡眠)

気分を落ち着ける為には
やっぱり入浴が大事なポイント。
眠るまでに3時間以上の余裕があれば、
ゆっくり湯船につかるべきだし、
時間が無ければ1〜2時間前に
10分程度のシャワー
でOKいい気分(温泉)

疲れていてもバタンキューで
寝落ちしてしまわないように
頑張りましょうひらめき




むち打ち、寝違え、ストレートネックなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院がおすすめ





ラベル:睡眠
posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

コミュニケーションを楽しもう!


もし、健康の為にスポーツを楽しむであれば、
2人以上で楽しむ競技を選ぶ方が効果的なようです左斜め下

【運動によるストレス・
 心疾患に及ぼす効果をとりまとめて報告】


余命を伸ばすのに最も効果的な身体活動は、
ラケットスポーツ、ゴルフ、サッカーなど、
2人以上でプレイする競技。

ランニングやトレーニング器具を使った
エクササイズより寿命を大幅に延ばす。

年齢、性別、教育レベル、収入、アルコール摂取、
喫煙、糖尿病、および身体活動量で調整し、
非活発な生活習慣の者を対照として生命予後を検討すると、

フィットネスクラブは約1.5年、ジョギングは約3.2年、
水泳は約3.4年、サイクリングは約3.7年、
サッカーは約4.7年、バドミントンは約6.2年、
テニスは約7.4年の寿命延長効果があると推測された。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
運動やストレスの影響について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



得失点差を競うものはついつい本気になり過ぎて、
自分の体力を越えた運動量になりがちだし、
勝負にこだわり無理をしたり疲労しすぎると
故障の原因にもなるので要注意あせあせ(飛び散る汗)

点数などにはこだわらずに、
プレイすること自体を楽しむのが
心と身体には良さそうですねグッド(上向き矢印)
頑張りましょうひらめき





秦野市で骨盤矯正するなら
秦野カイロプラクティックがおすすめ




posted by 秦野の整体師 at 23:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

時間を上手に使って健康維持しよう


当たり前だけれど脳の健康の為には
肉体の健康を維持する必要がありますよね左斜め下

【体の健康を維持することによって
 脳の健康も向上する可能性、
 ドイツ・ミュンスター大学研究】


この研究は、1,200人以上の健康な若年成人
(平均年齢28.8歳、45.5%が男性)を対象に
体の健康と脳(白質)および認知機能の
関係ついて調べたもので、
Human Connectome Projectの
一部として実施された。

対象者は、2分間の歩行試験
(筋力は評価していない)、
記憶力や判断力などを測る認知機能検査、
脳スキャン検査を受け、Repple氏らは
それらの検査結果の解析を行った。

その結果、2分間歩行試験で
歩いた距離が長かった人は、
歩行距離が短かった人に比べ、
認知機能検査の成績が良好であり、
男女ともに脳の白質の神経線維が
健康であることが分かった。

白質は神経細胞間の情報伝達の連絡路として
重要な脳の領域である。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
身体と脳の関連について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



健康的な生活を出来るだけ長く送るためにも、
肉体と脳の健康維持は必須exclamation

だから規則正しい生活、バランスのとれた食事、
適度な運動と十分な睡眠と入浴はとても大切exclamation×2

そしてこれらを意識しておこなう為には、
時間と心に「ゆとり」が必要なので、
仕事やスマホなどに時間を奪われ過ぎないように
自分をコントロールするのも大事なポイント(^^♪

時間の使い方を上手におこない
脳も肉体も若々しく保てるように
頑張りましょうひらめき



秦野市で骨盤矯正するなら
秦野カイロプラクティックがおすすめ





ラベル:
posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

ほくろの形態と数には要注意!?


一般的なタイプとはちょっと違うタイプの
ほくろが多い方は皮膚の状態をこまめに
チェックする必要があるかも(@_@;)左斜め下

【ほくろの形や数で皮膚がんの危険性を判定】

身体の至る所にあるほくろ。
普段あまり気にかけない人も少なくないが、
その形や数は、皮膚がんの一種である
悪性黒色腫(メラノーマ)の発症率に関連するという、
意外な研究結果が明らかになった。

オーストラリア・University of Queenslandの
Richard A. Sturm氏らは、
ほくろを形態別に分類したところ、網状、小球状といった
はっきりした(特異的な)形態を持たないほくろが多い人は、
メラノーマを発症しやすくなることが分かったという。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
ほくろの形態の写真も掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



非特異的な形態のほくろが一つや二つだけなら
そんなに心配しなくても大丈夫そうだけど、
複数、目に付くようならば要注意かも。

ほくろだけではなく、全身の皮膚の状態も
合わせてチェックして年齢を重ねても
健康的な皮膚の状態を維持できるように
気をつけましょうひらめき



むち打ち、ストレートネック、
首や肩の痛みの解消におすすめ
骨盤矯正の秦野カイロプラクティック




posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

もっと運動をしなくちゃ!


本日は運動について気になった
記事が2つあるのでご紹介左斜め下

【運動に適しているのは「秋」と「夕方」。
 あらゆる病気を予防する「1日8000歩/
 20分速歩き」の驚異的な成果とは】


有酸素運動を行う際、酸素をどれだけ
取り入れて消費できるかという指標があり、

これが50%前後であると健康的、70%以上だと
トレーニングの域に達するといわれています。

また、運動の強度を示す指標として
METs(メッツ)があります。

これは、安静時の酸素消費を1METとして
運動強度を計るもので、ゆっくり歩くと2METs、
中強度の運動は3〜5METsなどと分類されています。

もちろん年齢や体力によって運動強度は異なりますが、
長年の研究により、最大値の50%程度で運動を行うと
病気になりにくくなることが分かったといい、

その代表例として挙げられるのが
「1日8000歩/そのうち20分の速歩き」となるそう。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
1日当たりの歩数と早歩きの時間により、
予防できる病気の表も掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



やっぱり「歩く」という行為は運動の基本で
健康維持の為には必須なんだと改めて感じましたし、
そのうち20分を早歩きというのも、
年齢を重ねても出来る適度な運動量だと納得。

自分も日頃から歩く時は歩数だけでなく、
早歩きを心掛けなくてはexclamationと思ったのですが、

でもまだ40代の自分はもう少し、
負荷をかけた運動が良さそうだなと
思いつつ読んだのがコチラ左斜め下

【有酸素運動前と筋トレの順番
 ・「筋トレが先」の効果】


運動効果を高めるためには、
有酸素運動の前に筋トレを行うようにします。
筋トレを行うと筋肉や肝臓などにグリコーゲンとして
蓄えられた糖質を主なエネルギーとして利用します。

短い時間であっても筋トレを行った後は
体内の糖分が減っている状態であり、
その後に有酸素運動を行うようにすると今度は脂質を
主なエネルギー源として使うようになるからです。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
有酸素運動前のおすすめ筋トレメニューや
筋トレと有酸素運動の説明もされていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



という訳で体力と脂肪がまだ余っている自分は、
筋トレしてからウォーキング&早歩きかなあせあせ(飛び散る汗)

最近、ようやく肩の調子が良くなったので
懸垂も再開したことだし、関節を痛めないように
無理なく筋トレをして身体を引き締めなければexclamation×2

運動の秋、頑張るぞ〜ひらめき





秦野市で骨盤矯正するなら
秦野カイロプラクティックがおすすめ



posted by 秦野の整体師 at 23:07| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

一番の薬は運動です


日頃から常に過食気味でのどが乾きやすく、
トイレの回数が増えたり身体も疲れやすいという方は
一度、病院で糖尿病のチェックするべきかと左斜め下

【高血糖を治療しないと8倍危険―腎機能の低下】

糖尿病患者では腎臓病を併発しやすく、
重症化すると透析を余儀なくさせられることもある。

公立豊岡病院(兵庫県)内分泌・糖尿病内科部長の
岸本一郎氏らが豊岡市の特定健診データを解析したところ、

同じ程度に高血糖(HbA1c 8.0%以上)の人でも、
治療を受けている人に比べ、受けていない人では
腎機能が低下するリスクが8倍以上高いことが分かった
(糖尿病 2019; 62: 347-354)。

同氏らは、該当者に「8倍危険」と呼びかけ、
医療機関の定期受診を促すことを検討している。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
研究の詳細について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。


※文章中に出てくるHbA1cというのは
赤血球にくっついている糖の割合のことで、
(基準値は4.6%〜6%位が目安)
高血糖で血液中の糖が多い状態になっていると、
余分な糖が赤血球にくっつきやすくなるので、
血糖値が高い方は、HbA1cの数値が高くなります。



たとえ糖尿病ではなかったとしても
予防はとても大切。

まず、食事は炭水化物ばかりに偏らず、
バランス良く摂り、暴飲暴食、早食い、
間食や深夜の食事を避けるようにして
良く噛んでゆっくり食べること。

日頃から1時間程度、
適度な運動をおこなったり、
良く歩くように心掛けるのも大切。

もちろん規則正しい生活と
十分な睡眠も忘れずに。

頑張りましょうひらめき




ストレートネック、巻き肩、猫背を解消
姿勢改善なら骨盤矯正の秦野カイロ治療院





ラベル:糖尿病
posted by 秦野の整体師 at 23:41| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

老後に備えて下半身を鍛えよう!


とにかく座る時間がやたら多い現代人の
老後の転倒リスクを軽減する為には、
やっぱり40代頃から下半身の筋トレを
日課にするようにしないとダメですよね左斜め下

【簡単筋トレで“貯筋”の秋 転倒や骨折を予防】

直立した姿勢から膝を曲げ伸ばしするスクワットは、
主に太ももや腹筋を鍛える。
鎌田さんによると、適度な運動をすると、
筋肉から「マイオカイン」という物質が分泌され、
血糖値や血圧を下げるなどの効果があるとして
近年注目されている。

「太ももは体の中で最も筋肉量が多い。
鍛えることは健康長寿の鍵」

加えて重要なのがふくらはぎの筋肉強化だ。
ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ、
筋肉が収縮してポンプのように足の血流を
心臓へ戻す働きをしている。
ふくらはぎを鍛えると、血流が良くなり、
心不全の予防も期待できるという。

「かかと落とし」は、つま先立ちの姿勢から
かかとをドスンと床に落とすだけだが、
ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに最適という。

また、かかとを勢いよく落とし、
骨に衝撃を与えると、骨を再生する
骨芽細胞が刺激されて骨密度が上がり、
骨が強くなるという研究結果も報告されている。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
「スクワット」と「かかと落とし」の2つの運動の
トレーニングの方法が丁寧に説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



電車で通勤、会社でデスクワーク、
自宅でテレビとスマホなどという
座りっ放し生活を続けていたら、
みるみる下半身の筋肉が落ちて行くのは
当然の結果なので筋トレは必須exclamation×2

でも気合を入れすぎると長続きしないので
雨の日に室内でも出来るような気軽で
持続可能なレベルで効率の良い筋トレを
選ぶのが大切なポイントですよね(^^♪

そう考えると「スクワット」と
「かかと落とし」の2つの運動は
とても優秀で理想的グッド(上向き矢印)

毎日できる運動で筋力や骨、
心肺機能を衰えさせないように
頑張りましょうひらめき



秦野市で骨盤矯正するなら
秦野カイロプラクティックがおすすめ




ラベル:筋肉
posted by 秦野の整体師 at 23:58| 神奈川 ☔| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする