2018年12月13日

見た目よりも中身が大事


体重だけを気にしていると、運動をおろそかにして
食事制限などで体重だけを落としたりしがちですが、
健康の為に重要なのは体型に限っていえば、
筋肉量の割合を増やすことであり、
体重の減少ではありません左斜め下

【「体重が正常でも不健康」な状態に注目を
 「肥満=不健康」という常識は崩壊】

 
体重が減らなくても、運動を継続すれば体脂肪率は変化する。
除脂肪体重(全重量から脂肪組織の重量を差し引いた数値)が
増加すれば、その人の中で筋肉の割合が増えたことになる。

筋肉は脂肪よりも重量があり基礎代謝を上げるほか、
筋肉量を増やせば血糖値の上昇を抑えられることから
糖尿病や心疾患リスクも低減する。
 
肥満度はもはや決定的な健康のリスクファクターではない。
いたずらに体重だけにこだわるのではなく、
継続的な運動で体脂肪率を減らし、
健康寿命を延ばすことが重要だろう。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
肥満の有無と心肺機能の高さと心臓の健康の
関連についての研究も説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



まず運動出来る状態であることが大事で、
見た目が痩せていても運動できなければ、
決して健康的な状態とは言えません。

だから「痩せている=健康」は間違いだし、
運動して体重が減らなかったとしても、
脂肪が減少して筋肉の割合が増えていれば、
健康的になっているということ。

適度な運動を続けるのは楽ではないけれど、
健康維持の為には必須だし、
イザという時に動ける身体でなければ、
災害時などでは役に立ちませんよね。

適度な運動と規則正しい生活。
バランスの良い食事と組み合わせて
より長く健康を維持出来るように
頑張りましょうひらめき



ギックリ腰の痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院




posted by 秦野の整体師 at 23:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

布団の中も温かくしよう


寝室を温かくしておいても、布団の中が冷たいと
全身が冷えてしまってなかなか眠りにつけませんよねあせあせ(飛び散る汗)

【室温が低いと健康リスクが…
 冬の理想的な寝室の温度・湿度は?】


実験によると、布団や毛布を使うことによって、
なんと室温が3度まではよく眠れるとされています。
ただし、室温が低いと、呼吸によって肺が冷やされて
体温が下がりすぎ、睡眠の質が悪くなります。
そのため気持ちよく眠れる室温は、
16〜19度の範囲といわれています。

室温よりも睡眠に関係するのが、布団の中の温度。
人が入ると布団の中の温度は急上昇し、そのあと安定します。
気持ちよく眠っているときには、ほぼ32〜34度に保たれています。
布団の中が暑くなると、寝返りをうって
布団の中の空気を入れ替えて、温度を下げています。

また、布団が冷えすぎていると、
人が入ってもなかなか温度が上がらず、
寝つきが悪くなります。そんなときはあらかじめ、
電気毛布や湯たんぽで布団の中を温めておきます。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
寒い寝室の健康リスクについても説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



自分は湯たんぽ派ですが、
布団乾燥機も寝る前に掛けておくと
寝室も温まって気持ち良いですよねグッド(上向き矢印)

この時期になると、寒いからという理由で
寝室に行かずにリビングのままこたつや
ホットカーペットなどで寝てしまう方もいますが、
乾燥しすぎて脱水気味になったり、
疲労を溜めこまない為にも

寝室と布団の中をシッカリと温めて
入浴から睡眠までプロセスで
身体が冷えないようにして
気持ち良く眠りにつけるように
気をつけましょうひらめき



姿勢を改善して腰痛解消
首や背中、腰の痛みなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院




ラベル:冷え症 睡眠
posted by 秦野の整体師 at 23:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

ス〜ッとして気持ちよさそうだなぁ♪


乾燥や寒暖差アレルギーにより
咳込む方が増える季節ですが、
ハッカ油のお風呂に入ったら
喉がスッキリして症状が和らぐかも左斜め下

【喉の不調を起こしやすい冬も安心!
 「ハッカ油」で美声をキープしよう】


ハッカとはいわゆるミントのことで日本古来の名称として
日本ではミントをハッカと呼ぶことがあるそう。
また、ミントを乾燥し抽出した植物油のことが
今回ピックアップするハッカ油です。

ハッカ油の主成分である「メントール」には
鎮痛作用や血行促進・抗菌効果が期待できることから、
使用することで頭痛や肩こり・喉の痛みなどを
優しく和らげてくれます。

【ハッカ油の活用方法】
<お風呂>
ほんの1〜2滴ほど垂らすだけで心地よい清涼感や
毛穴の引き締め効果が実感できるハッカ油風呂に!
ただし、冬場は入れ過ぎてしまうとブルブル震えるほどの
寒さが起こる可能性があるので注意してください。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
その他のハッカ油の活用方法や
おすすめレシピも掲載されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



ハッカ油はカミさんがお気に入りで、
定期的に購入しているけど、
お風呂に入れたコトはなかったなぁ。

入れすぎると寒くなると書いてあるけど、
夏場は逆に涼しくて気持ちよさそうですよねるんるん

あと、のどの痛みで思い出したのは「かりんジャム」
先日、母親が作ってくれたものを貰ったばかりなので、
紅茶に溶かして飲んだら美味しそうだし喉にも効きそうグッド(上向き矢印)

この冬はのどの痛みが出ないように
ハッカ油風呂とかりんジャムを組み合わせて
元気に乗り切るように頑張るぞ〜ひらめき



背中の丸みを伸ばして猫背を解消
姿勢の歪みを整えるなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院




ラベル:入浴 風邪
posted by 秦野の整体師 at 22:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

冬は頭皮の保湿も忘れずに!


最近何だか頭皮がピリピリするなと思ったら、
頭皮の乾燥が原因のようです左斜め下

【抜け毛は季節と関係あるの?】

冬に抜け毛が増える人は、
頭皮の乾燥と冷えに注意をしましょう。

冬は手足が冷たく、体がいつも縮こまっているという人は、
冷えと筋肉の緊張で毛細血管が収縮している可能性があります。

血行が悪くなると、髪に必要な栄養が行き届かなくなり、
抜け毛の原因となります。

また、冬はお肌と同様に、頭皮も乾燥しやすい季節です。
フケやかゆみで頭皮環境が悪化しやすいので、注意が必要です。

とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
季節別の抜け毛対策について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



若い頃はお風呂上りの油分が取れた感じが
肌がピンとした気がして気持ち良かったけど、
最近は風呂上りに保湿しないと肌が乾燥で
ピリピリするし、放っておくとかゆくなるので、
肌の保湿は必須(@_@;)

でも髪の毛がある頭皮を保湿するというのは、
あまりピンとこなかったのですが、
ピリピリするというコトはやっぱり乾燥気味あせあせ(飛び散る汗)

頭皮も顔の皮膚の延長だと考えれば、
保湿が必要なのは納得がいきますよねexclamation

寒さと乾燥に負けて
抜け毛を増やさない為に
入浴で身体を温めた後は
頭皮の保湿も忘れないように
気をつけましょうひらめき



ひどい首の痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院






ラベル:毛髪
posted by 秦野の整体師 at 23:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

身体の熱が逃げやすい場所は?


寒さで凍えそうな時に首にマフラーを巻くと、
とても暖かくてもう少し頑張れる気持ちになりますよね左斜め下

【「首」のつく部位を暖かく!寒さを乗り切る保温術】

体には「首」のほかに、「手首」も「足首」もあります。
首のつく部位は、家でいえば、入り口にあたる部分。
冷気の入り口である「首」の部分を温めれば、
寒さを感じにくくなるのです。

首・手首・足首は血流の関所

首・手首・足首は血流の関所ともいえます。
それぞれ皮下の浅いところを動脈が通っていますから、
ここを冷やすと体温が下がり、寒さがこたえます。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
3つの首にあるツボについて説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



手先や足先が冷えないようにするには、
動脈が浅い場所を通っている部分から
熱が奪われないようにするというのは、
分かりやすく実感もしやすいですよねグッド(上向き矢印)

使い捨てカイロなどで体幹を
集中的に温めるのも効果的ですが、
3つの首から熱を逃がしてしまっては
あまり意味が無くなってしまうので、

マフラーなどの防寒具を上手に使って
3つの首をシッカリ保温いい気分(温泉)することで
これから来る本格的な寒さに負けないよう
頑張りましょうひらめき



ひどい腰痛を解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院





ラベル:冷え症
posted by 秦野の整体師 at 23:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

まずは良質な睡眠を


何かと忙しくなり、ついつい寝不足気味に
なりがちな年末ですが、健康維持の為には
まずは十分な睡眠時間の確保が必須かと左斜め下

【風邪・インフルエンザ予防に
 睡眠が大事なのはなぜ?】


細菌やウィルスに対する抵抗力は、
睡眠中に維持・強化されているのです。

そのため、睡眠時間が減ったり、
細切れにしか眠れなかったりする状態が続くと、
身体の抵抗力が落ちて、風邪やインフルエンザに
かかりやすく、かつ治りにくくなってしまいます。

風邪やインフルエンザになると眠くなるのも、
免疫の働きに関係しています。
ウィルスに感染した細胞やウィルスを退治しようとする
細胞からは、サイトカインという物質が出ます。

サイトカインは熱に弱いウィルスを殺そうと、体温を上げます。
一方で、他の活動を止めてウィルスとの戦いに専念するため、
身体を休ませようとして眠気を催すのです。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
睡眠の重要性について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



寒さと乾燥が厳しくなったところへ
疲労と睡眠不足が重なると、
あっという間に体調不良へ一直線ですが、

身体が弱り免疫力が落ちたところを
狙ってくるのがウイルスや細菌なので、
免疫力を低下させない為にも、

規則正しい生活、バランスのとれた食生活
適度な運動と十分な睡眠は必須exclamation×2

入浴や温度や湿度管理も大切だし、
うがい、手洗いなども忘れないようにして
師走の寒さと乾燥、忙しさに負けないように
頑張りましょうひらめき



ひどい寝違えの痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院






ラベル:風邪 睡眠
posted by 秦野の整体師 at 23:56| 神奈川 | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

必要最小限にしよう


心療内科で安定剤や導眠剤を処方してもらい、
内科で降圧剤を、整形外科では痛み止めを、
そして花粉症で耳鼻科にも通っているという方は
かなり多いですよね(ーー;)左斜め下

【高齢者の多剤服用の対策が急務に】

秋下氏は、高齢者における重大な問題として、認知機能低下や
ふらつき・転倒を挙げたうえで、注意を要する薬剤を示した。

認知機能低下の副作用を起こす可能性のある薬剤には、
抗精神病薬、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬・抗不安薬、
三環系抗うつ薬、パーキンソン病治療薬などがある。

中でも、花粉症や過活動膀胱、不整脈やパーキンソン病など
さまざまな病気に用いられている抗コリン薬や
抗コリン作用を有する薬剤は、その累積使用量が多いほど
認知症の発症リスクが高まるとして注意を促した。

ふらつきや転倒を引き起こす薬剤として、
降圧薬(特に中枢性降圧薬、α遮断薬、β遮断薬)、
ベンゾジアゼピン系睡眠薬・抗不安薬、抗うつ薬(三環系)、
抗てんかん薬、パーキンソン病薬(抗コリン薬)、
抗ヒスタミン薬などがある。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
多剤併用により出現する多種多様な
有害事象について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



薬嫌いや病院嫌いの方なら問題ないとは思いますが、
逆の場合、積極的に薬を求める方が多いので要注意。
総合病院で複数の科目を受診している場合なら、
多剤併用のリスクは少ないと思いますが、

複数の病院を併用して、使用する薬局も
それぞれ違う方は自己管理になるので、
多剤併用のリスクはかなり高くなりますよねたらーっ(汗)

症状が出る前に薬を厳選する為には、
まず、気が付かなくてはいけないので、
本人または家族が服用している薬の数を
しっかり把握していることが大事exclamation

家族が多剤併用が原因で
思わぬ事故を起こしたりしない為にも、
薬の使用量を観察するのも予防になるし、

普段から薬を厳選することの重要性を
会話に盛り込むのも大切ですよね。
気を付けましょうひらめき



ひどい腰の痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院






ラベル:
posted by 秦野の整体師 at 23:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

やっぱり座り過ぎはダメ


座っている時間が長いと糖尿病になりやすいというコトが、
加速度計を用いた研究でハッキリと確認されたそうです左斜め下

【座っている時間が長い人ほど糖尿病になりやすい!?】

対象は、2012年に健診を受け、
加速度計を7日間以上装着して身体活動量を評価した
40〜79歳の地域住民1,758人(平均年齢61歳、女性59%)。

食習慣や肥満、インスリン抵抗性といった因子が
座位時間と2型糖尿病の関連に及ぼす影響についても検討した。

なお、2型糖尿病の有無を
75g経口糖負荷試験の結果から判定した結果、
対象者の15.9%(279人)で糖尿病が確認された。

解析の結果、高血圧や脂質異常症などの
併存疾患や中強度から高強度運動、喫煙や
飲酒の習慣といった生活習慣因子を考慮しても、

座位時間が1日に6時間未満だった人に比べて、
10時間以上だった人では
糖尿病である確率が有意に高いことが分かった
(オッズ比1.84、95%信頼区間1.02〜3.31、P=0.04)。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
研究についてより丁寧に説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



座り過ぎを指摘されて誤魔化し続けていた方も
加速度計まで装着して研究されたデータを
目の前に出されてはさすがに反論の余地はないかと。

なのでとにかく、デスクワーク等で
1日中座り続けてしまうような方は
こまめに立ち上がるコトが必要exclamation

特に用事がなくてもトイレに行ったり、
背伸びやストレッチを合計10分でもすれば、
長い目で見ると何もしないのに比べて全然違います。

先日も書きましたが、1日10分は
年間3,650分だから約60時間程。
10年続けると600時間だから25日分exclamation×2

だから、あまり効果が無いように感じても、
日頃から座り過ぎにならないように
こまめに立ち上がって動くコトを心掛けましょうひらめき





背中や首の痛みを解消するなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院







posted by 秦野の整体師 at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

もうすぐ忘年会シーズンですが、


肝臓に負担をかける機会が多くなる師走の前に
出来るだけ良いコンディションに整えたいですよね左斜め下

【健康に導く司令塔!
 体にも美容にも大切な「肝臓」のケア方法】


肝臓が頑張って働くと、活性酸素が多く出ます。
活性酸素は肌の老化や生活習慣病を引き起こす一因となるので、
抗酸化作用の高いビタミンAとCを含んだ食品を食べましょう。

ビタミンAは、レバー、うなぎ、卵、緑黄色野菜などに、
ビタミンCは柑橘類や赤・黄ピーマン、ブロッコリー、
じゃがいもなどに多く含まれています。

ビタミンが不足すると、肝臓内で栄養を
取り入れる作業がスムーズにいかなくなるので、
ビタミンはバランスよく摂取したいところです。

また、肝臓の中で、たんぱく質や脂質、糖質などを
スムーズに代謝するにはミネラルも大切。
とくに亜鉛はたんぱく質の合成のために必要な栄養成分で、
牡蠣やレバー、牛肉、チーズ、ごまなどに含まれています。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
肝臓の機能と不調について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



肝臓の状態を整える為には食事以外だと、
アルコールを控えるのはもちろん、
ウォーキングなどの有酸素運動や
十分な睡眠や休息も大切いい気分(温泉)

気温が低くなると共に忙しくもなってくる
これからの時期は身体の冷え過ぎや
睡眠不足には特に気をつけたいですよね(@_@;)

入浴、睡眠等の休息時間を確保する為にも
時間の使い方を上手におこない、
寝不足にならないように気をつけて
体調を崩さず師走を乗りきるように
頑張りましょうひらめき



姿勢を改善して腰痛解消
首や背中、腰の痛みなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院





posted by 秦野の整体師 at 23:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

たった10分されど10分!?


寒くなるとお風呂の温かさがありがたく感じますが、
毎日の入浴は要介護リスクを減らすそうなので
まさに一石二鳥、よりリラックスした状態で
ゆっくりと毎日の入浴を楽しみたいですよねいい気分(温泉)

【週7日なら要介護リスクが3割減
 認知症を防ぐ入浴法とは】


千葉大学などの研究チームが
2010年8月から12年1月まで
65歳以上の男女計約1万4000人を追跡調査。

夏に週7回以上入浴していた人は
週に0〜2回の人より
要介護認定のリスクが約28%減り、
冬の入浴では約29%減という結果が出た。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
入浴法についても説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。



毎日の入浴を1日に10分間の
リラックスタイムとして考えると、
年間3,650分間だから約60時間程。

10年間続けると600時間だから
25日間分の休息と同じだと考えると、
60年間なら1,500日間分なので4年と1カ月分あせあせ(飛び散る汗)
要介護リスクが減るのは当たり前の結果かも(@_@;)

健康は日々の積み重ねで成り立っているから
毎日の食事や運動、入浴や睡眠というのは、
とてもとても大切グッド(上向き矢印)

小さな積み重ねが老後の健康に
直接つながっているということを
頭にしっかりイメージして頑張りましょうひらめき



姿勢を改善して腰痛解消
首や背中、腰の痛みなら
骨盤矯正の秦野カイロ治療院




ラベル:入浴
posted by 秦野の整体師 at 23:58| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする