2020年02月18日

お腹は温かくしておこう


花粉症のせいか下半身の冷えをやたら感じるのですが、
お腹を温めると冷えだけでなく花粉症の症状も緩やかに
和らいでくるのを感じるから不思議左斜め下

【キレイに!健康的に痩せられる!
 「温腸活」のやり方】


◆「温腸活」:運動編
腸と運動は実はとても深い関係があります。
適度な運動をすると全身の血流がよくなり、
それにより体中に酸素が巡るようになって
腸の働きも良くなります。

また、筋肉がつくことで体の中から熱を発生させ、
それもまた腸の動きを活発にすることに役立ちます。

「温腸活」の運動のポイントは、
息切れするような激しいものではなく、
以下で紹介するような、
酸素をしっかり取り込める有酸素運動や、
リラックスしながら腸に刺激を与えられる
ストレッチ等がオススメです。

◇ランニングやウォーキング
1日10分ぐらいからでもOKなので、
毎日の習慣にしましょう。

◇腸を刺激するストレッチ
腸を外側から刺激することで腸を温め、
動きを活発にするのに役立ちます。

【やり方】
1.左脚を伸ばして座り、
 右脚の膝を立て、左脚にクロスさせます。

2.上半身を右にねじって、
 左のひじの裏を右膝につけます。

3.この体勢で深呼吸を5回行います。
 反対側も同様に。


とのコト。

※↑の引用させて頂いたリンク元の記事には
腸が冷えると起こるさまざまなトラブルや
腸温活の方法について説明されていますので、
興味のある方は是非ご覧になってください。




とにかく腹を温めていれば、安心だけど、
腹が一度冷えてしまうと直接関係が無いはずの
鼻や喉の調子がすごく悪くなるのを感じるから、
とても不思議(@_@;)

だからこの時期は冷たいものは冷蔵庫から出して
常温になるまで待ってから食べるようにするし、
温められるものは出来るだけ熱くして食べているけど、

今年、筋トレをハードにするようになってからは
冷えを感じにくくなっている気がするので、
筋肉量が多くなれば、代謝も良くなるから
冷えにくくなるというのを実感出来ているかも。

なので今までは上半身の筋トレばかりしていたけれど、
これからは大きな筋肉の多い下半身の筋トレを十分に
おこなうようにしてさらに体調を良く出来るように
頑張るべきかと。

今の内に基礎体力をシッカリつけて、
寒さと乾燥に負けない身体を作れるように
頑張りますひらめき




巻き肩、猫背、ストレートネックを解消
姿勢改善なら骨盤矯正の秦野カイロプラクティック




ラベル:腸活 温活
posted by 秦野の整体師 at 23:58| 神奈川 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。